IllustrationNote

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

神障6

こんばんは。さりとてシリーズ物です。 ■file:零課ルーキーの休日 ――休日の自由を噛み締めながら、志渡(しど)はぶらぶらと街路を散策していた。零課に所属し体を弄られてから、莫大な報奨金の代わりに数々の副作用に悩まされるようになった。左目に発症し…

神障5

こんにちは。また二日空きました。今日もシリーズ物です。 ■file:本丸課長の頭痛の種 ――職員に配布された専用端末から、部下がひっきりなしに指揮を求める声が聞こえる。それにのべつ幕なしに応えながら、一課課長、九重(ここのえ)は目の前の対象を見上げ…

神障4

こんにちは。今日とてシリーズ物です。 ■file:咎人の楽園 ――今日も焼け付くような日差しが差している。テラスに敷かれた人工芝の上に身を横たえた辻(つじ)は大きく伸びをしてあくびを噛み殺した。背後の部屋には、今しがた「処理」を終えた対象の肉片が点…

神障3

こんにちは。また一日空きました。今日もシリーズ物です。 ■file:元稲荷警視の日常 ――「今日はあんさんか」持ち前の京都弁でぼやいた樹常(きつね)は、その日もそれと対峙する。変異型ウィルス「神障」に侵されたそれは、血と轟音をまき散らしながらこちら…

神障2

こんにちは。二日空きました。今日もシリーズ物です。 ■file:罪人上がりの断罪者 ――辻(つじ)の報告書を括っていた東京本丸総氏は、丸っこい文字と現場の写真を見比べ、溜息を吐いた。また辻が「やらかした」事が解ったからである。リッパー・ナイトと呼ば…

神障1

こんにちは。また今日から短期シリーズを何回かに分けて掲載して行こうと思います。 ■file:稲荷出向警視、活人 ――樹常(きつね)は武装警察「陰陽連」京都御社、通称稲荷から出向してきた警視である。今日も非番だと言うのに端末がけたたましくアラートを響…

「魔忌子図」

■魔忌子図 こんにちは。今日の一枚も最近の流れで描いたもの。とは言え割かし普段自分が描いている物に近いテイストとなりました。 これも先日の「怨魂受胎図」と同様、もう少しアングラに振った表現にすれば迫力が出てより良かったのかなと言う所ですね。最…

「神事嫁取儀図」

■神事嫁取儀図 こんにちは。今日の一枚は昨日載せた進捗を仕上げた物。昨日も書いたように、ある程度描き込み量と緻密さで見せる事を意図して手数を掛けて取り組みました。実際の所三日間くらいは掛かりっきりになって描く事となり、結果それなりに高評価を…

進捗

■進捗 こんにちは。今日の一枚は進行中の一枚絵。前回のイラストが加工に頼ったシンプルな物になったことを受け、比較的重厚かつ細かな描き込みで仕上げようという意思の元構想した物になります。次回完成の見込み。 ■落書き さて、こちらでお世話になってい…

「怨魂受胎図」

■怨魂受胎図 こんにちは。また一日空きました。今日の一枚もこの所の世界観の流れで描いたもの。 堕ちた魂が女性の腹に宿り、怪異として今生まれ落ちようとしている、みたいな構想で挑みました。構想自体は良い感じにアングロサクソンに振り切れており、面白…

「荒神進行図」

■荒神進行図 こんにちは。今日の一枚は昨日から引き続き「人類以外の大いなる意志に翻弄される世界」みたいな世界観を基に構想したもの。神と恐れられる荒ぶる獣に蹂躙される都市、的なコンセプトで挑みました。 今回もそこそこではと思います。背景の建造物…

「浮浪巨人群図」

■浮浪巨人群図 こんにちは。今日の一枚は過去に無かったようなコンセプトで挑んだ物。遺跡の並び立つ砂丘を歩く旅人の前に、どこかへと彷徨う巨人の群れが現れる、みたいなコンセプトで挑みました。 比較的練り込んでから出力したために構成の完成度としては…

「モノリスを抱く街」

■モノリスを抱く街 こんにちは。また通常通りの掲載に戻り、今日の一枚は漫然と構想した物。この所極めてキリキリと義務感だけでやって来た事を受け、一枚くらいは楽しいだけの絵を描こうと言う趣旨で描きました。 そうした物に反省や評価を付けるのは野暮だ…

聖風紀隊7

こんにちは。また一日空きました。シリーズラスト回です。 ■七番、サクマ(三年生) ■九番、イグチ(三年生) ■二十四番、タキガワ(一年生) ラストと言う事で、今まで扱ってこなかったタイプの武器をメインにしたやや変化球と言える内容になりました。 と…

聖風紀隊6

こんにちは。また二日空きました。シリーズものです。 ■十三番、オサナイ(二年生) ■十六番、ミヤケ(二年生 オサナイは、三番「三栄華」シュンギクの実家がやっている道場の門下、的な裏設定があります。故に同じ刀剣使いとしてデザインしてみました。 こ…

聖風紀隊5

こんにちは。一日空きました。引き続きシリーズものです。 ■二十八番、ナイトウ(一年生) ■二十五番、スズヤ(一年生) 前回から徐々に変則的な武器モチーフを取り入れ始めていますが、今回も大分変わり種と言える内容になりました。 スズヤ辺り、若干色味…

聖風紀隊4

こんにちは。今日とてシリーズものです。 ■二十六番、トキワ(一年生) ■十七番、ミシマ(二年生) 今回で八体目、折り返しとなります。 七体目のトキワは、背後からアームを伸ばすドローンを従えた風紀隊員、的なコンセプトで挑んだのですが、ドローンのデ…

聖風紀隊3

こんにちは。本日もシリーズものです。 ■十二番、サワタリ(二年生) ■二十三番、レンカ(一年生) 今回で計六体を迎え、シリーズものとしても大分安定感が出て来たなと言う所感です。 昨日の記事に、夕橙様が「機械化や武器といった自由度の高いアプローチ…

聖風紀隊2

こんにちは。今日もシリーズものです。 ■六番、イワオ(三年生) ■十四番、ドウモト(二年生) 今回のシリーズでは、それぞれ特徴となる武器を一つ据える形でキャラクター性を作っています。本当は全てのキャラにシリーズ「ドロイデア」の時のような短いスト…

聖風紀隊1

こんにちは。今日から七回分くらいの連作で、聖風紀隊リメイクシリーズを載せて行きます。一回大体二枚分になります。 ■三番、「三栄華」シュンギク(三年生) ■二十七番、クロユキ(一年生) 今回は以前一ヶ月四百枚チャレンジ(未完)の際に施行した聖風紀…

「ザバラ・オニ」と「盾の悪魔」

■ザバラ・オニ こんにちは。今日の一枚目も漫然と構想したもの。バックアングルで腕が異形化した鬼、くらいのコンセプトで膨らませました。結果構想の未熟感が前面に出た感じ。 一番マズイ点が、ポージングに意味が無くなっている点ですね。おかげでこの人物…

「クレイモア・ダンサー」と「竜巣」

■クレイモア・ダンサー こんにちは。今日の一枚目は漫然と構想したもの。動きのある絵が描きたいなくらいの構想から着手し、手堅く形にしました。 コンセプト的な弱さはやはりある物の、それほど悪い出来とは見えないかなと思います。ツイッターでの評価も高…

「幼き魔女の守護者」

■幼き魔女の守護者 こんばんは。今日の一枚はシチュエーションありきのもの。村はずれの森で暮らしていた幼い魔女が人々から迫害を受け、その前に立ちふさがる魔女の守護者、的な、比較的入り組んだコンセプトで挑みました。 各要素の消化と関連付けが上手く…

「ガン・ブレイダー」

■ガン・ブレイダー こんにちは。一日空きました。今日の一枚はシンプルな構成とデザインで挑んだ物。というか、これを描いた当時寝起きでなかなか体と頭が怠く、エンジンがかかるまでの間にとりあえずで着手した結果単調な構想に成ってしまった物になります…

「鬼侍」

■鬼侍 こんにちは。今回の一枚も前回に引き続き解り易さに振った物。というわけで安定して高い評価を頂きました。 タイトル通りの明確なコンセプトに加え、今回はディテールも丁寧に追われており、ぱっと見で全体を把握できる事がやはり言えます。それだけに…

「セイバー・コネクト」

■セイバー・コネクト こんにちは。今日の一枚はかなり前にやった、「サイバー系剣士」というコンセプトでの一枚の練り直しです。これに関しては割かし評価が伸びました。 まずぱっと見で、剣、デジタルコンソール、背後のモンスターなどの目立つ要素が解り易…

「ブラン・エト・ノワール」

■ブラン・エト・ノワール こんにちは。今回の一枚は、タイトル通り「黒と白」というコンセプトで構想したもの。これは若干評価が落ち込みました。 キャラの対称性で見せる構成を意図しましたが、やはりそれだけではインパクトが弱く、メッセージ性としても弱…

「天使使い」

■天使使い こんにちは。今日の一枚は数年前に描いたものの焼き直し。天使を操る力を授かった少女、的な構想でした。 これもある程度安定した評価を頂きましたね。この所イラストが高水準で安定、停滞するようになってきた気が致します。そろそろ次の展開を見…

「シャクラン・ケンセイ」

■シャクラン・ケンセイ こんにちは。今回の一枚は、以前の「ケンカク・ムソウ」と対になるコンセプトで描いたものです。大体横に並べた時対照性が出るデザインと構成で詰めてみました。 比較的纏まっていると言えますし、剣豪の少女、というコンセプトも的確…

「ディア・ランサー」

■ディア・ランサー こんにちは。二日空きました。今回の一枚は、鹿の槍使いといったコンセプトで描いたもの。鹿がベースと言う事で、機動力の高い、角の代わりに槍でちくちく敵を削るようなキャラクターを意図しました。 自分としてはキャラとしての収まりが…