IllustrationNote

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

神障6

 こんばんは。さりとてシリーズ物です。

 

f:id:yamadauta:20210509032105j:plain

■file:零課ルーキーの休日

――休日の自由を噛み締めながら、志渡(しど)はぶらぶらと街路を散策していた。零課に所属し体を弄られてから、莫大な報奨金の代わりに数々の副作用に悩まされるようになった。左目に発症した呪障もその一つだ。しかし志渡は後悔はしていない、この退屈な生を華々しく彩る日常が手に入ったのだから。

 

f:id:yamadauta:20210509032113j:plain

■零課ルーキー、志渡海里(しど かいり)

――自身のDNAに神障に対する抗体「呪印」をプログラミングした、自立抗体群。それが本丸零課である。DNAを直接弄るという神をも恐れぬ暴挙は、当時国民に激しい糾弾を受けたが、零課はそれに見合う成果を上げ、結果誰も口を出せなくなった。志渡は零課の潤沢な報奨金目当てに赴任してきた新米職員である。

 

 今回は新たな要素である「零課」の職員、という形で新キャラを打ち立てる事となりました。このシリーズに関してはまだまだ広げられそうであった物の、息が続かなかったので次回で一旦完結となります。

 

 

 さて、昨日は休養を挟んだこともあって比較的好調なまま一日を過ごし、今夜は恒例の徹夜です。とりあえず今日一日無能になり下がるのが確定しているので、大人しく過ごすつもり。

 頭を一旦真っ新にして、改めてコンセプトの練り込みを徹底しながら描いているのですが、やはり自分が「意味を持って」描いている、と実感出来るものに関しては描くのが楽しいですね。

 先程まで通話していたツイッターでのフォロワーさんに、「まあ構想が湧かない時はインプットに極振りするのが良いと思いますよ」と言われ、まあそうだなーと思う次第。何かって言うと創作を続ける意味すら見失いがちなので、ここらでがっつりオーバーホールしておいたほうが良いですね。

 

 尚、同じ方に「自分が敢えてやらなかったような新しい事に手を出してみると刺激になるし突破口にもなるかもしれませんね」と言われ、絵に関して何か始めてみようかと思案し始めています。割と最近やってる事が定型化していたクダリではあったので、努めてやらなかった事に着手して観るというのは良いかもしれません。差し当たって主線の描写に力を入れてみようかと考え始めています。

 焦らず取り組むつもり。

 

 ではまた次回。

神障5

 こんにちは。また二日空きました。今日もシリーズ物です。

 

f:id:yamadauta:20210508095843j:plain

■file:本丸課長の頭痛の種

――職員に配布された専用端末から、部下がひっきりなしに指揮を求める声が聞こえる。それにのべつ幕なしに応えながら、一課課長、九重(ここのえ)は目の前の対象を見上げた。この一帯に敷かれた警戒線内の対象の中でも特大の相手だ。呪杖を握りしめ、背中を滑る汗と自身の恐怖心を押し殺して声を張った。

 

f:id:yamadauta:20210508095901j:plain

■陰陽連エース、九重久世(ここのえ くぜ) 第二案

――陰陽連東京本丸、一課課長。課長としての管理職をこなす傍ら自ら頻繁に前線に出向き、指揮と戦闘をもこなす姿に敬服する人間が多い。その美貌も相まって本丸内に職員の組織したファンクラブがあるらしく、裏ネットで細々と活動しているうちに一般人も巻き込んだ結構な規模になっているらしい。

 

 今回で前出の三体のキャラすべての焼き直しが終わりました。都合あと二回分ほどキャラを出して一旦終わろうと思っております。

 

 

 さて、また二日間寝込んでおりました。最近の疲労感と落ち込みはどうやら寝ても疲労が取れないいつもの様相から来ていたらしく、二日間ぐっすり眠った段階で比較的気分がイイです。

 やはりある程度コンスタントに休みを取って行く必要があるのかもしれません。

 

 それはそれとして絵のネタ出しにかなり困窮しており、今まであった強烈な表現欲求と言うべき物が薄れてきているのを感じます。去年末から繰り返してきたシリーズ物で、やはり「やり切った」感があるんですよね。

 ここで無理に描き続けてもあまり旨味は無い気がしますし、一旦製作ペースを落とそうかと思い始めています。インプット中心の生活に切り替えて行こうかなと。

 まあそこら辺も含め、神障シリーズを出し切った時点くらいにある程度指針を纏めておこうと思います。

 

 ではまた次回。

神障4

 こんにちは。今日とてシリーズ物です。

 

f:id:yamadauta:20210505100150j:plain

■file:咎人の楽園

――今日も焼け付くような日差しが差している。テラスに敷かれた人工芝の上に身を横たえた辻(つじ)は大きく伸びをしてあくびを噛み殺した。背後の部屋には、今しがた「処理」を終えた対象の肉片が点々と散らばっている。今日も並べて世は事も無し、血と臓物にまみれた自分の世界は平和そのものである。

 

f:id:yamadauta:20210505100210j:plain

■凶悪犯更正プログラム被験者、辻政(つじ まつり) 第二案

――更正プログラムの一環として陰陽連に配属された快楽殺人鬼。ナイフ形の呪杖を獲物とする。頭は悪くないし、常識や社会通念と言う物も理解しているために「正常な振る舞い」が可能ではあるものの、本人がそれに価値を見出しておらず人をあっと言わせるような突飛な振る舞いを繰り返す。陰陽連の厄介者。

 

 

 辻にも黒いジャケットを着用させたうえでリデザインしました。

 

 

 さて、昨日辺りぼちぼち鬱憤が限界に差し掛かっていたので、いつも通り某所で愚痴って話を聞いてもらうべえかと思ったのですが、この所某氏に寄りかかり過ぎている自分を感じてとりあえず押し留まりました。

 最近弛み過ぎているよな、と思う訳です。嫌な事を我慢の一択で乗り切ろうとしているのはまあいつもの事なのですが、やけにこらえ性が無くなっている。我慢と言う在り方が不健康である点を差し引いてもです。

 自分は幸せになり過ぎてしまったのかもしれないなと。少し前であれば、これくらいの受難は許容範囲であり、もっと性急な受難が他に幾らでもあった。だから少々の事では動じなかった。今はあらゆる点で恵まれ過ぎていて、少しでも嫌な事があるとそれを忘れる事が難しくなっている。

 

 またあの頃のような責め苦に焼かれ続ける日々に戻りたいとは思わないのですが、「幸せに慣れる」というのは怖い事だなと思います。今ある幸せは決して当たり前ではない。それを忘れぬようにしたいと思いました。

 

 ではまた次回。