山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

旧き日の神々5

 こんにちは。徐々に長期物となってきたシリーズの続きです。

 

f:id:yamadauta:20201024001222j:plain

■炎神、ホムラ

 

f:id:yamadauta:20201024001241j:plain

■冥神、ヨミ

 

f:id:yamadauta:20201024001255j:plain

■神器、アマノムラク

 

f:id:yamadauta:20201024001315j:plain

■知識書官

 

 先日立体感が大きな課題である、というような言質を書きましたが、それに関しては徐々に突破口が見られるようになって来たかなと言う気が致しますね。現時点でその点で特に弱い要素と言えば、光源からの距離に対する光の当たり方の差が、まだモチーフ内で巧く付いていない所でしょうか。

 基本的に光源に近い部分ほどコントラストは大きく、遠い部分ほど小さくなるはずですし、現状「陰」は描けているものの「影」の意識が弱いなと。まあこれは「イラスト」として見た時それほど厳密に描写すべき要素でもないとは思うんですが。

 

 

 さて、なんだかんだと忙しい日々を過ごしているのですが、その忙しさの一部として、来年一月に京都で開催される文学フリマにどうやら友人と共に出展する事になりそう、というタスクがあります。

 元々友人が個人的に書いたショートショートに挿絵を提供していたりしたのですが、今回それが高じてこのような運びとなりました。まあぶっちゃけ、また友人が暴走し出したのに巻き込まれた形なんですがね。奴はマグロのように常に泳いでいないと死ぬんでしょう…。

 

 そんなわけで、今回友人の作る冊子に表紙のイラストを提供したほか、当日ブースに設置するポスターイラストも依頼されて作成しました。今回も無賃労働。

 で、「俺だけなんか出すのもアレだから山田君も画集とか出せよ」みたいなことをしつこく言われていまして、まあしかし曲がりなりにも「文学」フリマなのでどうしようかなと思っております。ちょうど昨日、アグリノーツが完結したりもしたので、これに設定資料的にイラストを付けた物を同人誌にするのもアリかな、と。

 

 尚、完結したアグリノーツ本編(自作小説)はこちらで読めます。

アグリノーツ(小説家になろう)https://ncode.syosetu.com/n1059gn/

 

 アグリノーツは最初、若者ウケするスタイリッシュな世界観でラノベを書こう、みたいな発想から始めましたが、なんだかんだ最近の自分の情勢を色濃くかもした、「人間の感情、愛情とはなんぞや」みたいなことがテーマになりましたね。全体で五万文字も無いので、気軽にご覧頂ける小説になっているかなと思います、よろしければどうぞ。

 

 まあそんな感じで、最近は絵に小説連載に仕事にその他タスクに、と、本当に忙しくしていたのですが、どうやらそれにもひと段落つき始めた感があります。そろそろまた新しく何か始めたい気持ちがありますね。

 

 ではまた次回。

旧き日の神々4

 こんにちは。今回もシリーズものの続きを載せて行きます。

 

f:id:yamadauta:20201023065533j:plain

■鉄神、クロガネ

 

f:id:yamadauta:20201023065546j:plain

■巫神、ヤタガラス

 

f:id:yamadauta:20201023065607j:plain

■虚神、ホロウ

 

f:id:yamadauta:20201023065629j:plain

■宵神、カゲロウ

 

 このシリーズもかなり軌道に乗って来たと言え、特にコンセプトの点で大分落ち着きが見えるようになって来ました。それに従いクオリティとしても安定してきており、まあ高め安定と言う感じになってきたかなと。

 

 

 さて、例の気に成る人に好意を伝えた件なのですが、振られたのかなーと思っていたら先日「山田さんの事が特別なのは確か。だけどそれが恋愛感情なのかは分からない」的な事を言われまして。まあ、私がもう一回り位若ければ「とりあえず付き合ってみて気持ちの変化を見ましょうか」みたいな話をしても良かったんだと思うんですが、もういい歳なので「こちらとしては将来の事まで見据えて話をしているから、そちらも私と苦労して行っても良いと思えるかどうか今一度考えて欲しい」という所で手を打ちました。

 難しいですね、恋って。って言う気持ちです。お互い楽しければそれでイイなら本当に簡単な話だと思うんですが、相手を特別と思う以上様々な余剰な要素が関わって来て、常に平常心では居られない、ゆえに楽しい事ばかりでは決してない。

 まあでも、私はその人の事を想ってふわふわするのですら幸福であり、こんなに強く人を想ったのも久しぶりなので、まあ楽しいんですよね。それだけに相手に「考える」と言う事を強いる結果になってしまっているのが若干心苦しかったりもします。

 

 とは言え、私は気持ちを伝えたことで九割くらい満足してまして、相手がどんな結論を出してもまあ大丈夫だろうなと。ぼんやりこのまま楽しい毎日が続けば良いなと思っています。

 

 ではまた次回。

旧き日の神々3

 こんばんは。今回もシリーズものの続きです。

 

f:id:yamadauta:20201021040654j:plain

■邪神、オロチ

 

f:id:yamadauta:20201021040716j:plain

■霊樹、トコシエ

 

f:id:yamadauta:20201021040731j:plain

■海神、ワダツミ

 

f:id:yamadauta:20201021040753j:plain

■魂の管理人

 

 今回もテイスト、デザイン、構図其々で非常にバリエーションある内容となりました。それでも一貫性があるのは、根幹をなすコンセプトが一定しているからでしょうか。

 

 ではまた次回。