イラスト・ノート

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「イグナイト・イグナイト」

f:id:yamadauta:20211206102719j:plain

■イグナイト・イグナイト

 こんにちは。今日の一枚は景観に振ったもの。「雨に濡れそぼる街」という題材を自分なりに解釈して消化したものになります。ある程度描けてはいるかなと。

 特に今回、ベースカラーを基にカラーリングを詰めるという配色が上手く機能し、雨天時の鬱蒼とした空気感が程よく出ました。反省点としては傘の構造で、中の骨の描写が不十分ですね。ここは資料を使って詰めればよかったなと思われる部分。

 

f:id:yamadauta:20211206102735j:plain

■落書き

 

 さて、最近追いかけていた漫画のいくつかが、作者側の環境や心境の変化によりパワーダウンし始めている、という現場に幾つか遭遇し、傑作を作る、特に作り続けるという事の難しさを改めて感じています。

 

 そもそも「傑作」というものは、環境、心理、才能、努力、時代など、あらゆる条件が奇跡的にかみ合ったときに生まれる結果物であり、決して誕生を約束されているものではない。傑作を継続的に生み出せる作家もわずかな数いますが、あくまでも彼らは選ばれた人間であり、多くの創作家はそれら複数の条件がたまたまかみ合うのを、ただ作り続けて待つしかないという状態で居る事がほとんどかなと思います。

 傑作を自らの意思で生み出せる人間がなぜ生まれるのか、という問いについては、彼らが集中時「ゾーン」に入ることが出来るという裏付けが取れると思っております。

 

 「好き」と「才能」と「集中状態」が重なったときしばしば訪れる「ゾーン」は、イタコの憑依状態に近い忘我の境地と言えます。いうなれば限定的に自身の地力を超えた、神がかり的な力を発揮できるのがゾーンであり、そして稀有な才能を持ち得た人間にはこのゾーンにルーティンをこなす事で意図的に入ることが可能な人間が割といる。

 ゾーン状態に入ると、感覚が研ぎ澄まされ、思考は澄み、体の隅々までが自分の思うように動くほどの全能感を得られます。その状態の創作家が作るモノとは、いわば天に授けられた「降ってきた」ものである。

 

 ゾーン状態自体は多くの人が経験する、さほど珍しくないモノなのですが、これに繰り返し入ることが出来る人間は全体から見るとわずかです。

 偶に、作品から感じる熱量が異常に高い、凡そ人間を逸脱しているとしか思えない作品を作る作家がいますが、彼らはゾーンに日常的に入ることでそれらを生み出しているのだと思います。

 天才、と呼ばれる人間と大多数の凡人の間で、異常に力の開きが出るのも、おそらくはこのゾーンに入ることが出来るか否か、という差なのでしょう。

 

 私は物事を極める際、才能が不可欠であると思っており、例えそれがなくてもある程度のところまで努力で到達することは可能だと思っています、が、突き抜けるためには特別な才能が必要であると思っています。

 しかし才能がある人間は得てして自身の能力を自覚していないので、才能など要らない、自分は努力だけでここまで到達したのだ、と言う。努力が才能を伸ばす前提であるのは疑いようもないのですが、しかして努力だけでは到達できない場所がある。

 世の中は不公平ですね。

 

 ではまた次回。

「スーサイド・ラム」

f:id:yamadauta:20211205083046j:plain

■スーサイド・ラム

 こんにちは。今日の一枚は久しぶりの対立構図。ある程度ポージングとシルエットの流れで見せる事を意図して練り込んだものになります。

 割とまた描けていない箇所がなくなってきたというか、精度として一定のところに達したのを感じております。そろそろ次の目的を据えるべきタイミングかもしれません。

 

f:id:yamadauta:20211205083057j:plain

■落書き

 

 さて、そんなわけで、昨日はまたざっくり人のイラストの模写などやっていたのですが、現状の自分の絵に幾つか改善できる箇所を見つけたので、また徐々に実制作に織り込んでいこうと思います。

 差し当たって大きな弱点だなと思ったのはやはり精度がまだ足りていない点で、これは目の解像度が現状十分な域に達していない事による顔やプロポーションの乱れとして出ていますね。これについてはじりじりと目の精度を上げていくしかない話であり、焦っても仕方ないかなと思っております。

 一方で、例えば現状、全身の大部分を画面に入れる構図が多いわりにプロポーションがそのために最適化されたものになっていなかったり(若干肩幅が広く、骨盤が狭く、足が短い、リアリティ重視の体形になってしまっている)、色遣いに独自性が過ぎたり(特定のベースカラーを基に詰める配色になってしまっており、特に肌色が毎回変わってしまう)、またライティングの精度がやはり十分でない(まだ光が拡散して見える部分がある)などといった今すぐにでも改善可能な部分も見えてきました。

 とりあえず順次最適化していこうと思っております。

 

 尚、昨晩も悪夢を見て夜中に目覚め、そのまま作業でした。睡眠の質がなかなかよくなりませんね。まあそれでもまた一周間以上連続活動出来ているので、またどれくらい継続できるか試してみます。

 

 ではまた次回。

「剣鬼」

f:id:yamadauta:20211204100941j:plain

■剣鬼

 こんにちは。今日の一枚は久しぶりに「ガス壱」様のイラストを参考に描いたモノ。自分の描くメカ部分の構造を一歩具体化するために多少練り込んで出力した一枚でした。

 これについては多少評価が伸び、自分でも満足いく仕上がりになりましたね。各部の構造や質感が適切に詰められていることから、普段よりも要素ごとの具体性が上がり、ぱっと見で理解しやすいイラストとなっているように思います。

 顔の情報量が比較して大分低く見えるので、多少顔にも立体感をつけてやればベターだったかなという所。

 

f:id:yamadauta:20211204100948j:plain

■落書き

 

 さて、一般的な仕事をしながら生きていく、という事に適性がない事が解ってきたので、なれば絵を描いて生きていく道を模索しようかと思っています。コミッションである程度収入を得られれば、あとは大体なんとかなると思うので、新しいツイッターアカウントのほうでもSkebの受付を開始してみようかなという所。

 まあコンスタントに依頼を貰うためにはもう少し自分の絵を売れ筋に寄せる工夫が要るでしょうけれど。

 

 そんなことをツイッターでだらだら呟きましたところ、最近フォローしてくださったイラストレーターの方が心配のDMをくださいました。

 どうやら同年代の方らしく、自分も描きたいものを描いて生きていければそれで十分であるが、そのためにはある程度稼がなければならずそのための方策を探りつつ絵の仕事をしている、みたいなお話をして下さいました。

 

 共通認識として挙がったのが、最近市井の絵描きのレベルが一気に上がったという事で、その方も高校生イラコンなどを見ていると大分焦りを感じるそう。おそらくこれからは、単に絵を描ける、描き続ける、というだけでは生きていけない世界になるんだろうねという話を致しました。

 既にYoutuberやVtuberとして活動しているイラストレーターも数多くいますし、おそらくこれからは自分が絵を描けるという事に+αして何らかの付加価値をつけていくことが必要な時代なのでしょう。私も単に独創的な絵を描けるというだけでは売りどころとして弱いですし、それを広報する手段なり浸透させる方策なり講じる必要があるんだろうなと。

 今回DMをくださった方は絵を描いて食べている方であり、そうした現場に近い方のお話しは何かと参考になりました。

 

 やはり、一日中絵だけを描いていたいという思いが依然強く、そのために環境整備をしていかなければいけないなという思いが強くなったため、とりあえず四十になるくらいまでにそうした環境を作る事を目安に活動していこうと思います。

 

 ではまた次回。