山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「犬神」他六点

こんにちは。今回は一枚絵回です。こちらもいい加減未掲載分が大量になってきたので、更にペースを上げてご紹介して行きます。

 

f:id:yamadauta:20191117115743j:plain

■犬神

 今までにないような形にトライしてみましたが、犬神の巨大な感じや背景の閉塞感などが上手く表現できず撃沈。とは言えなんというか、キャラ程度であれば問題なく描けるようになって来たかもしれません。

 

f:id:yamadauta:20191117115806j:plain

■習作

 ツイッターで見かけた絵描き様の作風を参考に、キャラ練習。

 

f:id:yamadauta:20191117115819j:plain

■廃墟にて

 レイヤースタイルやグラデーションなどの効果を思いっきり使って描いてみたもの。狙いは良いと思うのですが、結果詰め込み過ぎて何をしたかったのか解らない出来に。

 

f:id:yamadauta:20191117115837j:plain

■老竜と令嬢

 基本に戻りましょうと言う事でやり易いモチーフで。令嬢のリボンをもう少し立体的に描き込んでポイントにするべきでしたね。

 

f:id:yamadauta:20191117115850j:plain

■夕闇の天使

 こちらも基本に立ち還った一枚。悪くは無いと思うのですが、やはり一つ一つのモチーフがザツです。

 

f:id:yamadauta:20191117115902j:plain

■手合せ

 こちらは、今までの様々な理論の総決算として描いたもの。絵として比較的良く纏まっている気がします。あとはこれをどれだけ応用で発揮できるかですね。

 

f:id:yamadauta:20191117115914j:plain

■土地神と贄の少女

 世界観がウケたようで、比較的好評頂けた一枚。

 

 さて、まだ未掲載分がどっさりある状態なのですが、この所何か「自分絵巧いんじゃね」スパイラルに突入しつつあります。ある程度描けるようになってきて、且数をこなしてきた所からくる自信過多な状態、全能感だと思うのですが、おかげで始終ふわふわしてしまって良くありません。

 恋人に相談した所、「悲観的になるよりは少しずつでも自信をつけていったほうがいいんじゃない?」的な事を言われ、一応納得したのですけれど、このままでいいのかどうかは依然不明。まあとりあえず、来週は実習で出づっぱりとなる予定なので、頭を冷やすには良い機会だと思います。

 まあこれだけ数を描いてきたのですから多少上達はしているだろうと思っておくことにします。今のところ。

 ではまた次回。