山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「殺意の対峙」とメイキング

f:id:yamadauta:20170930075808j:plain

■殺意の対峙

 

 おはようございます。恒例の長期製作プラスメイキングもどきです。

 

f:id:yamadauta:20170923081411j:plain

1.ラフ

 いつも通り色面でラフを取ります。今回はハイライトとシャドウもこの段階である程度置いてみています。今回、単純な対立構図はやや飽きが来ていたので、竜の右腕を人物の奥に回り込ませる構図を取っています。

 

f:id:yamadauta:20170923101747j:plain

2.詳細ラフ

 この段階で大体の明度と配色を決めています。奥に当る竜の腕は彩度を落として距離感が出るようにし、反対に手前の顔辺りは濃い明度、彩度に。

 

f:id:yamadauta:20170923101748j:plain

3.塗り込み

 この段階でほぼ形としては仕上がっています。ただ、現段階では竜のディテールがダサい気がしたのと、全体的な情報量が足りない気がしたので更に描き込んで行きます。

 

f:id:yamadauta:20170923140329j:plain

4.仕上げ

 大体塗り終りました。若干手前の竜の頭の明度が低く成ってしまった気がします。その他は大体思惑どおりでしたが…。

 

f:id:yamadauta:20170930075808j:plain

5.完成

 一旦フォトショに移ってグラデーション機能で色を弄った後、またSAIに戻りエアブラシで気になるところを弄って見ました。更に、竜の腕に鱗を描き込んでいます。大体調整が終わったので完成です。

 

 今回の一枚は、割かし評価としても中の上くらいは獲得でき、身内の反応も良かったです。やはり純粋に良いものを作れば見てくれる人は見てくれる、という事なのでしょう。自分としても、今回も過去のモノの内かなり上位の物になった手応えはありました。

 ただ、それだけに、ここまでやってもこの程度の評価なのか、という落胆が若干あり、改めて評価と言う物の難しさを思い知っています。今回の一枚で、自分の実力がまた一段階伸び、上級者まであと975レベルか、などと思ったのですが、現状それだけの距離がまだあると言う事なのでしょう。

 

 さて、昨日はそれに加え、偶然流れてきたイラストに興味を惹かれてその絵描き様の画像欄をざっくり拝見した所すっかり感化されてしまい、その技術の高さ、妥協の無さにほとほと自分の才能、環境、努力の足りなさを思い知らされました。ただ、そこで悔しいと呟いて終わってしまえばそれだけの事なわけで、この経験を糧にして行かねばなるまいなと。

 

 そんなわけで絵の熱が上がっており、今日も結局朝から作業しております。ぶっちゃけしんどいですし、絵のクオリティもさっぱり上がって行かないので休むべきと頭では理解しているのですが…。厄介な性分です。とりあえず自分が満足できるところまで突っ走ってみるのもアリかなと。

 ではまた次回。