山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「闊歩する鬼神」とメイキング

f:id:yamadauta:20171120053815j:plain

■闊歩する鬼神

 

 おはようございます。いつも通りの製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171109015349j:plain

1.大ラフ

 今回は構図、キャラデザともピンタレストを参照致しました。ただ、それぞれ大きくアレンジしてあります。ある程度アレンジの仕方が解って来たかなと。

 

f:id:yamadauta:20171109062405j:plain

2.詳細ラフ

 割と作業中に、手が止まったり迷ったりと言ったことが減ってきたかもしれません。昔からあまり絵を描く時に悩むタイプでは無かったのですが。

 

f:id:yamadauta:20171110154015j:plain

3.塗り込み

 徐々に整えていますが、最近整える前のコントラストのはっきりした状態のほうが良く見える事がままあります。

 

f:id:yamadauta:20171110170535j:plain

4.仕上げ

 色相に幅が無く、絵に厚みが無く見えたので、環境光を二色足してみました。

 

f:id:yamadauta:20171120053815j:plain

5.完成

 

 今回の一枚は、先日寝込む直前の一枚に当り、その分次のイラストまで間が空いたので追加で割とたくさんの評価が入りました。ただ、自分としては納得いかない部分の多々あるイラストになってしまいましたね。

 まず構成ですが、手前の人物が鬼神を見上げている、というスケール感がいまいち表現できていません。恐らくライティングとパースの失敗だと思うのですが。あと、やたら無計画に差色をした為に、絵としては賑やかになりましたがイラスト的な立体の正確さは損ねてしまった感じ。この所意識して色相を振るようにして来ましたが、あまりやり過ぎると悪手になるようです。

 

 さて、昨日も一日平和でして、本日の始まりも割かし順調でした。また安定期に入ってきたのを感じます。出来ればもうしばらく面倒な事から離れてゆっくりしたいですね。

 

 とは言え、自分の絵の弱点にもそろそろ真剣に向き合っていかなければいけません。今の所性急なのは、やはり立体と構造の理解、それに伴うライティングの理解でしょうか。デッサンが崩れている件に関しても、この立体の理解が進めば自ずと解決する問題に思えます。

 解決策としてはデッサンをするのが一番の近道なのでしょうけれど、今までデッサンをしてもことごとく「イラスト」的な描き方をしてしまい、いまいち効果を実感出来ませんでした。やはり、どこかで一度専門機関にデッサンを習いに行かなければいけないかもしれません。来年以降、手が空いて金銭的余裕が出来たら、通信講座も含め考えてみたいです。

 

 ではまた次回。

落書きキャラデザ機構都市再編5

 こんにちは。今回で折り返し地点のキャラデザシリーズ五回目です。

 

f:id:yamadauta:20171119101846j:plain

■9.量産型クローン少年の義勇兵

 

f:id:yamadauta:20171119101848j:plain

■10.違法遺体回収業者の見習い

 

 今回の二枚はどちらも評価が伸び、特に義勇兵のほうは、過去キャラデザ絵としては二番か三番目程の高評価を頂きました。恐らくタイトルとしての設定が具体的であり、且ツボを押さえた物で在った事と、キャラの衣装や装備などの特徴がタイトルに良く合致していて分かり易かったためだと思われます。

 とりあえず今回で十体目ということで、目標の二十体まであと十体です。気分的にはもう少し続けられそうな感じもするんですが、おそらく長々と続け過ぎても間延びするので、二十体で切って次はまたファンタジーのシリーズを打ち立て得るつもり。どうもやはり私の絵はファンタジーのほうがウケが良い様なので。

 

 さて、徐々に体力も戻って来まして、昨日はいつも通りの量の作業をこなしました。出来事としても特に気持ちに刺さるようなものは起きませんでしたし、こういった日がずっと続いてくれれば、などと思います。

 私の場合、ボス級のキャラに何度も挑んでがっつり経験値を稼いでいくような人生よりは、地道に経験値計算しつつ身の丈に合ったモンスターを狩って地味にレベルアップしていくような人生のほうが理想ですし合ってると思うんですよね。

 そんな感じで、また次回。

「神器と魔障」とメイキング

f:id:yamadauta:20171118064414j:plain

■神器と魔障

 

 おはようございます。定期の製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171107170230j:plain

1.大ラフ

 今回も、最近私が良くやる対比・対決構図で、神対悪魔的なニュアンスの構成を汲んでみました。今回は割かし構成にも気を配ったつもりですが、そもそも基礎的な事が解っていないので我流風情ですね。

 

f:id:yamadauta:20171107170231j:plain

2.詳細ラフ

 カラーリングも極力分かり易くまとめる気で居ました。尚、神側のキャラは人間を超越した存在である事を匂わせる為に見た目ロボット的な資料を参照して作ってあります。

 

f:id:yamadauta:20171108060638j:plain

3.塗り込み

 この段階で、反射とハイライトを入れて一気に画面がにぎやかになりました。これはこれで良い気もしますが、個人的には前段階の厳かな雰囲気も捨てがたかったなと思う所。正解はないでしょうが、色数を増やし過ぎたのは自分の中では若干悪手でしたね。

 

f:id:yamadauta:20171108081505j:plain

4.仕上げ

 とりあえず無難に纏まった気はしています。尚、画面左右に入れたタッチは、神側のキャラから発せられる力場みたいなものを表現したくて入れました。そこももう少し再考の余地が在った感。

 

f:id:yamadauta:20171118064414j:plain

5.完成

 

 今回の一枚は、割かし無難な所に表現も落ち着き、評価としても高め安定と言った所でした。上記文中にも書きましたが、配色にもう少し気を配って雰囲気を出せればよりベターだったかなと。描きたいものは、資料の力を借りさえすればある程度形に出来るくらいの力量が付いた来た気はしていますが、やはりまだまだイラストの出来の振れ幅が大きいと言うか、傑作の合間にちょっと首を傾げるような絵が大量に出来てしまう感じです。克服して行きたいですね。

 

 さて、今日は土曜日と言う事で、ブロソンの新記事を更新致しました。

createteam.hatenadiary.jp

 

 相変わらず全員が忙しい状態が続いていますが、途切れず活動出来ている点は評価できますね。そもそも急進的になり過ぎず、あくまで細く長く続けていくことが目標だったので、今の所非常にいい流れです。このまま行けると良いなと言う見通し。

 ではまた次回。