山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

デザインシリーズ 剣士編

 こんにちは。今回は先日予告したように、ツイッターで先々月辺りにやったデザインシリーズを纏めて十体分お送り致します。

 

f:id:yamadauta:20190522093321j:plain

■1.黒

 

f:id:yamadauta:20190522093332j:plain

■2、陽

 

f:id:yamadauta:20190522093340j:plain

■3.闇

 

f:id:yamadauta:20190522093351j:plain

■4.忍

 

f:id:yamadauta:20190522093401j:plain

■5.魔

 

f:id:yamadauta:20190522093410j:plain

■6.鉞

 

f:id:yamadauta:20190522093417j:plain

■7.重

 

f:id:yamadauta:20190522093427j:plain

■8.軽

 

f:id:yamadauta:20190522093436j:plain

■9.鬼

 

f:id:yamadauta:20190522093443j:plain

■10.勇

 

 今回の趣旨は、過去に描いた剣士絵をリメイクする事で少しでも当時の熱量に迫る事、でしたが、やはりというか全体的に力押しのけらいが見られ、それが現在の作風と相まって微妙な出来に成ったなと言う所。水彩塗りで描いていたものを厚塗りで、しかも当時リアル調だったものをコミック調に直したので、色々と無理が出た感じです。単純に掘り返せばいいと言う訳ではないんだなという結論。

 尚、次回から少しの間掲載方を変えて行こうと思っております。それについてはまた次回辺りにちゃんとご説明する事として。

 

http://nipplelf.hatenablog.jp/entry/2019/05/21/025156

 今回、こちらのニッペルフ様のブログを拝読するにつけ、自分もそろそろちゃんと目標と目的を整理すべき時期かと思ったので、それに関してつらつら書いてみます。

 

 今まで、割と評価よりは自分の内面の充実をメインの柱にしてきましたが、そろそろ自分もある程度評価されないと辛いなとまた思い始めております。具体的には、ツイッターでのフォロワー様を500~800人程度まで増やし、今年中にオリジナルに対しイイね100程度は貰えるようにして行こうと思うのですが。

 

 その目標に至る前に、まあ結構いろいろ考えました。評価というものがそもそも絵の正当な価値を決める物ではない点、でもモチベーションの一つとして、やはり評価が欲しく成ってしまう点。そして、そもそも自分の絵を描く目的をどこに置くのか、という点。

 本質的に言えば、そりゃ今よりも良い絵を描きたいし、その為には評価の為の余剰な活動に体力や時間を割きたくない訳です。どうしても評価を得ようとすれば自分も相手に評価を送らなければいけないし、コメントを得ようと思えば自分も相手にコメントを送らなければ成り立たない。特に実力や名声が低いうちはそうでしょう。

 その一方で、先ほども書いたように、評価がモチベーションに繋がる点は無視できない。何よりも、自分の絵をたとえ義理でもいいから多くの人に見て貰いたい。何時間もかけて描いた絵をたった十数人にしか消費して貰えない毎日というのは、三十を過ぎると結構しんどくなってくるわけで。

 

 じゃあ、評価に全振りした絵、例えば版権とかエロであるとかに手を出してみれば良いではないか、という所も考えましたが、なんだかそれは違う。

 で、ニッペルフ様の上の記事にも書かれているのですが、要は自分に一定の「縛り」を架した状態で目標達成を目指す、ゲームのような運用法が結局は自分にも合っているのではと思うのですね。

 今までの経験からして、余りにも自分に多重の縛りを架してしまうと余計にしんどくなるのも目に見えており、かと言って何の目的も無くダラダラ描いてしまうと評価以上に絵の進退を感じられない。

 となると、自分の売り方も少し見えてくるな、と。ニッペルフ様のやり方に倣うことになるのですが、自分もシーズン毎にある程度具体的な目標とそのための学習計画を立て、それをクリアしていく、という舞台装置とその結果生み出された絵を含めた総合的なパッケージングで「山田唄と言う絵描き」を見て頂くのが早いのではないかと。

 まあ、自分は割と弁が立つ方でもあると自覚しているので、言葉(による活動報告)と絵、両面で売って行くのが正しいのではないか、と思ったのですね。

 

 とりあえず五月も間もなく終わりますが、六月いっぱいまでの目標として、差し当たって環境光の意識、を第一の柱にしようと思います。そしてその意識を最近試行してきたライティングを絞った表現に合わせて更に進歩させる事。あとは生活面の目標として、筋トレをまたぼちぼちやり直して行こうかなと。

 そんな感じで来月一杯までやって行きます。

 

 まあ、どういうやり方が自分に一番馴染むか、というのはやってみなければわからない点であり、且その時々で自分にとって合う合わないが変化する事もあるでしょう。そういう時は柔軟に目標を変えながらやって行ければ良いなと思います。

 ではまた次回。

「天使持ち」他六点と「黒武士と白武将」他一点

 こんにちは。定期更新、一枚絵回です。

 

f:id:yamadauta:20190519072208j:plain

■天使持ち

 

f:id:yamadauta:20190519072225j:plain

■サイバー・バンシー

 

f:id:yamadauta:20190519072230j:plain

■後方のアークナイト

 

f:id:yamadauta:20190519072242j:plain

翡翠の竜、竜態、人態

 

f:id:yamadauta:20190519072251j:plain

■銀の剣士

 

f:id:yamadauta:20190519072259j:plain

■喧嘩屋

 

f:id:yamadauta:20190519072308j:plain

■前方のアークナイト

 

 今回は、ほぼキャラのみで見せる絵のみになりました。今後はしばらくこういった絵が続く予定です。

 全体的に仕上がりとしては粗っぽさが目立ちますが、それが却って情報量の底上げに繋がっている感。あとは、この頃微妙に絵柄が変わって居まして、主に瞼の描き方と鼻の描き方が僅かに変化しています。

 やはり時流に合っているのは点のような目立たない鼻の表現なのかなと思ったのと、瞼のラインはもう少しくっきり見せたほうが良いのではないかと言う所ですね。結果更にグラフティ寄りの表現になった気がします。「喧嘩屋」辺りは切り替えた絵柄が馴染んでいなくて全体的に堅い感じはありますが。

 

 

f:id:yamadauta:20190519073043j:plain

■黒武士と白武将

 今回の製作日数は三日間、時間にして五、六時間と言う所。比較的時間を掛けた事と、全体として然程難易度の高い構図では無い為に、割と良い仕上がりになったのではと思います。散った葉のエフェクトが使われていますが、やはりこうしたエフェクトがあるだけでも大分絵の見栄えが良く成るなと言う印象。まあごまかし技ではあるのですが。

 

 

f:id:yamadauta:20190519073052j:plain

■女頭目と鬼面三人衆

 こちらは製作日数二日間、時間にして三、四時間程。全体的にあまりしっかり馴染ませなかったのですが、シンプルな構成だけにそれが情報量の底上げに成っており、そこそこ良く見える感じ。あとは、背景と人物の情報量の乖離が激しい点をもう少しなんとかすれば評価にも結び付いたかなといったところでしょうか。

 

 

 さて、友人の小説の編集も終わり、そちらのほうは友人の奥様のチェックを経てOKが出次第冊子にすると言う所まで来まして、関西コミティアの準備のほうもあとは個人誌のレイアウトを残すのみとなっております。

 ただ、昨日辺り、さすがに疲労のピークになりまして。最近またプロテインを飲み始めたのですが、そのせいで却って無理をし過ぎてしまう状況になってきました。やはり一日の作業量はある程度決めておいて、ノルマをこなしたら休む、という形にして行きたい所。

 そんなわけで昨日は落書きだけだらだらやっていたのですが、今日もあまり本調子でない感じです。今日も落書きだけダラダラやっている事になりそう。なんというか、現在ツイッターのほうで開始し始めたキャラデザシリーズがどうも軌道に乗らないと言うか、気が入らない感じでして。一旦休止して別シリーズを始めたほうが良いのかもしれないななどと思います。プロではないので、そこら辺は柔軟にやって行きたい。

 ではまた次回。

企画コンセプト117と「四聖獣人態」

 こんにちは。定期更新、企画コンセプト回です。

 

f:id:yamadauta:20190515064455j:plain

・HartsMaterial キャラ草案126 白息。白翁の息子。幼い頃は立派な父親に対する反抗心が強く、自警軍に志願して自ら身体機械化等やんちゃをしたが、現在は丸くなり主に皇帝政権の是非を論じるフリージャーナリストとして活動している。なんだかんだ白翁の事を尊敬している親孝行な子息である

 

f:id:yamadauta:20190515064502j:plain

・HartsMaterial キャラ草案127 告鼠。貧民の新世代。朱兎や野蝶らとよくつるんでいる。数年前に自警軍との抗争で脚を失い、脚部を義足化するに至る。それを機に教団「虚の翼」と通じ合うようになり、危ない橋を度々渡るようになる。朱兎らは非常に心配しているが、告鼠には何らかの展望がある様。

 

f:id:yamadauta:20190515064511j:plain

・HartsMaterial キャラ草案128 傷み鷹。嘆き鳩の兄。嘆き鳩が自警軍を背任されたのを機に、自身も元々の自警軍の要職を捨て、フリーの傭兵となる。弟以上に彼の許嫁の件に腹を立てており、現在は反体制派の動向を探りつつ世界政府に反旗を翻す時を伺っている。聡明だが非常に厳格な性格。

 

f:id:yamadauta:20190515064516j:plain

・HartsMaterial キャラ草案129 術婆。世界庁情報局特別顧問。白翁の左大臣時代に、世界庁に情報局を開設した最初の情報局局長。その頃から大変な高齢であったが、全身を機械化して生き長らえ、現在も現局長を支え続ける。情報技術黎明期の昔話をするのが癖で、話し始めると長い。

 

f:id:yamadauta:20190515064522j:plain

・HartsMaterial キャラ草案130 報道員。特区での報道は世界庁の認可を得て初めて可能、つまり皇帝の息が掛かっている為、報道の価値を失っている。その為彼女は、特区外に出てフリージャーナリストとして活動する事を選んだ。現地人と飲み明かす事も多い溌剌とした性格。今は白息と行動している。

 

 

 今回は特に灰汁の強い人物が揃ったと言うか、個性的な設定の面子になりました。デザインとしては割かし、キャライメージに即したステレオタイプの物に落ち着いた感じ。奇をてらっていくのも大切ですが、こうしてキャラを立たせる事もまたキャラデザインでは大切でしょうね。

 と言う訳で、予告通り企画コンセプトはここで一旦休止。次は、先月辺りにちょっとやった昔の剣士絵リメイク編をざっくり載せられると良いかなと思っております。

 

f:id:yamadauta:20190515065237j:plain

■四聖獣人態

 今回はシチュエーションで構成を考えるのでなく、単純な集合絵のような形にチャレンジしてみました。やはりというか、こうしたデザインでそれぞれのキャラ立ちを考えている時と言うのが自分の場合一番楽しいですね。尚、個別に分けた画像も用意したのでついでに載せてみます。

 

f:id:yamadauta:20190515065441j:plain

f:id:yamadauta:20190515065444j:plain

f:id:yamadauta:20190515065449j:plain

■四聖獣人態、個別画像三枚

 

 

 さて、先月末くらいからやけに慌ただしい日々が続いていたのですが、一昨日辺りそれにも一区切り付き、なんというかめっきり気が抜けてしまっています。まあ、張り詰め続けているといずれ何らかの弊害が出てくるものでしょうし、割り切って休めばいいのですが、相変わらず休み方が解りません。とは言え確実に一日の生産性が下がって来てなんとも…。

 人生とは、こうした波を延々繰り返して行くものなのかもしれませんね。良い時があれば当然悪い時もあるわけで。

 そんな事を言いつつ、また次回。