山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「人類の最果て」とメイキング

f:id:yamadauta:20171010045850j:plain

■人類の最果て

 

 おはようございます。今回も定石の長期製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171003111301j:plain

1.大ラフ

 今回も構図のマンネリ化を防ぐ目的で、ある絵描き様のイラストから構図の原案を頂きました。ポーズやデザインなどはちょこちょこ変えてあります。この時点ではまだイメージが大掴みですが、今回構図を頂いた事で現時点でもだいぶ趣旨がはっきりしていますね。

 

f:id:yamadauta:20171003115545j:plain

2.詳細ラフ

 形を作って行きます。今回は割と久しぶりに露出の多い女の子+体のラインがはっきり出たアンドロイドと言う事で、割と描くのが楽しかったですね。自分は好き嫌いや性癖、フェチなどほぼ無い人間なのですが、人様に気に入られるようなフェチの追及は遣り甲斐があります。

 

f:id:yamadauta:20171003132815j:plain

3.塗り込み

 主に水彩ブラシで整えたり、細かいディテールを作ったり粗を潰して行く作業です。今回もあまり説明すべき点が無いですね。

 

f:id:yamadauta:20171004050125j:plain

4.仕上げ

 さらに塗り込んだ上で、いったんフォトショに移って背景にグラデーションを掛け暗雲を足しました。

 

f:id:yamadauta:20171010045850j:plain

5.完成

 色を弄って完成です。

 

 今回の一枚は、造型やデザイン的には割とシンプルなものとなりましたが、それだけに地力が大きく反映されるイラストになったと思います。色気を出すためにオーバーに表現した部分が多々あるのですが、それがややわざらしいですね。自然に色気のある線や色を演出するのはまだなかなか難しいです。

 反面、基本的な部分は抑えていたからか、今回も割かし好評でした。デッサン的な部分も徐々に改善されてきているのかなという自己診断。(まあプロに成るような方から見ればまだまだ甘いでしょうけれど)

 

 さて、昨日の記事に、夕橙様より「(機構都市再編は)純粋なファンタジーとは違い、世界観が解り辛かったために評価が下がったのではないか」「コンセプトアートや漫画などにすれば好評を得る題材に成り得たと思う」というようなご意見を頂きました。なるほど。いつもありがとうございます。

 自分でも、単なる立ち絵はこの先あまり評価を得る商材に成って行かないだろうなという見込みが在ったため、この一言に関しては少し考えてみる必用を感じております。具体的には、例えばヴィネットのようにごく限定的にでも世界観を想像出来る要素を入れる事。

 現在、キャラデザ続章のほうは四枚目まで仕上がっているのですが、次の五枚目からは余裕があればヴィネット風に簡単な背景を演出する練習をしてみようかなと思っております。

 ではまた次回。