山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「サイボーグヒーロー」と「智天」

f:id:yamadauta:20160829230539j:plain

■「サイボーグヒーロー」

 

 こんばんは。前回の記事に、再び夕橙様より「その時々にふさわしい戦い方がある」的なご意見を頂きました。いつもありがとうございます。そのお言葉に習い、過去に縛られるばかりでなく自分の「今」の戦い方を、今後ゆっくりとでも探していけると良いなと思っております。水面下で色々始めているのですが、また折に触れこちらのブログでも考えを書かせて頂けると良いなと。

 今回の一枚目はいつも通りリメイクです。

 

f:id:yamadauta:20160902030544j:plain

■リメイク元(2013年作)

 今回のリメイクでは主に粗かった塗りの補強が目的でしたが、そこはそれなりに実行出来た反面、やはり総合的な魅力で言えば過去作のほうが上と言う出来になってしまいました。何より、メイン二人のポージングを見るとリメイク元のほうが圧倒的に安定感があり、コンセプトの趣旨にも沿うものになっているように思います。

 あとは、やはり街並みの描写の苦手さが出ましたね。今回大まかにですがアイレベルと消失点を設定してパースを組んでみたのですが、やり慣れない分まだまだ回数をこなさなければいけない感じです。

 

f:id:yamadauta:20160829230546j:plain

■「智天」

 二枚目は新作です。こういうポーズ(ちょっと古いですが”だっちゅーの”ですね)を描きたくなって描いたもの。表現としてそれなりにまとまっている反面、背景の空間を埋めるのに迷って適当に描いた十字架がそれなりにちゃっちく見える感じです。思い切って背景は無しにしてしまったほうが良かったかもしれないですね。

 

f:id:yamadauta:20160902031234j:plain

f:id:yamadauta:20160902031241j:plain

■ポーズ模写

 またネットで拾った画像を模写して見ました。それなりに人体の理解は進んでいるようで、さらっと描いてもそれらしくは見えるのですがやはり細かなバランスなど崩れる感じです。少しの間定期的に模写をやって行くつもり。

 

 さて、前述した自分の「戦い方」なのですが、これまで自分は独創性や奇抜さを武器に戦ってきたのだと思います。それは勢いや熱量に依るもので、それらに頼る事が出来なくなってきた今、新しい武器を必要としている。夕橙様は時間を掛ける事で勢いでは表現できない物を描いていると仰っていました。私も、勢いや熱量に依る成果を上回るだけの武器を見つけたいですね…。

 ではまた次回。