山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

過去絵

 こんにちは。今までの疲れを埋めるべく、ここ数日はひたすら寝ているのですが、起きてみると絵以外にやる事もやりたいことも無く大変暇です。そんなわけで意味も無くブログを更新したりしておりますが、お目こぼしください…

 今回は、デジタル絵を初めて二年目くらいのイラストで、今まで載せなかったものをざっくり載せてみようかな、と。

 

f:id:yamadauta:20151030121052j:plain

■その一

 2011年1月頃の物。粗いですね! モンスターと戦士という事で(自分で見てかろうじて分かるレベル)既に今の絵の方向性が確立されているのが見て取れます。この頃ミクシィという当時物凄く流行っていたSNSでイラスト公開しておりました。

 

f:id:yamadauta:20151030120637j:plain

■その二

 同年4月の物。この変わり様は凄いですね。当時ピクシブに上げても上げてもまあ当たり前のことながら評価が付かなかったので、ならば狙いに行こう、という趣旨で書いたように記憶しております。先輩からは、「エロとか版権とか描くのが一番手っ取り早いよ」とその後耳だこになる台詞を聴かされることになるのですが、結果点数は六十点程でした。まあ四年前ですからね、今出したら多分一点も付かないと思う。

 

f:id:yamadauta:20151030121309j:plain

■その三

 同年5月の物。「気持ち悪くて良い」と言われて、当時単純にショックを受けたもの。でもまあ、若干絵として纏まり始めるかもです。

 

f:id:yamadauta:20151030121947j:plain

■その四

 同年9月の物。この当時自分は既に二十四歳でしたが、病気など諸々の理由から働いていなかったのですが、当時付き合いのあった絵描き様に「現実を見て欲しいです」といったメッセージを多数送ってこられることになり、一旦絵を諦めて就職を目指しています。まあその時の事も気が熟したら詳しく書きますかね。

 

f:id:yamadauta:20151030121554j:plain

■その五

 コンピュータに取り込まれた人間、というコンセプト。「怖い」というコメントを数多く頂く。それでも俺は敗けなかった。同年11月頃の物。

 

f:id:yamadauta:20151030122258j:plain

■その六

 同年十二月頃の物。

 

 これを描いていた辺りの時期は、自分もネットと言う物にあまり慣れておらず、外面的にも内面的にも本当に色々ありました。比較的まともなイラストだけピックアップしたけど、もっとひどいヤツとか山ほど残っております。当時の事はあんまり考えたくないけど、そろそろ消化できるようにならんとですね。

 

 そんなわけで、休み中の呟きでした。また次回。