山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「アンクル・レイド」と「アンジュルム」

f:id:yamadauta:20201130070653j:plain

■アンクル・レイド

 こんにちは。今日の一枚目も割かし使い古してきたコンセプトで組んだ物。それだけに自分の中では可もなく不可もなくと言う感じです。何を描いても一定のクオリティに達するようになって来たと言うのは喜ばしい事だと思うのですが。

 

f:id:yamadauta:20201130070659j:plain

アンジュルム

 多少変化のある物をと思って描いてみました。これは比較的好評でしたね。

 

f:id:yamadauta:20201130070732j:plain

 

 さて、そろそろ新しい展開をと探り続け、今日もツイッターでインプットをしていたのですが、その中で見てきた絵描き様のお一人が目に留まりました。「れおえん」様と言うイラストレーター様なのですが。

 

 

 最近私は、人物の身体の凹凸や流れを強調し、色彩やデザインに関しても極力派手で見栄えのする方向で探って来ました。しかし、この方のイラストを見た感じで、ああ、自分の描きたかったものはこうした繊細なものだったなと思いだした感じです。

 この方のイラストは、強烈に主張してくる要素と言う物がほぼないのですが、それが全体の調和と気品に繋がっており、非常にこう上品な後味を残すイラストが中心なのですよね。しばらくこの方向性で研究を進めて行く事にしました。

 

 差し当たってこちらに載せていないイラストが数日分ストックとしてあるので、それを載せ切った段階でまた研究結果をこちらに載せて行こうと思っております。

 まだ明確にこの方向性で行って良いのかは分からないものの、ようやく動き出してほっとしましたね。頑張って行こうと思います。

 

 ではまた次回。