山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「天使持ち」他六点と「黒武士と白武将」他一点

 こんにちは。定期更新、一枚絵回です。

 

f:id:yamadauta:20190519072208j:plain

■天使持ち

 

f:id:yamadauta:20190519072225j:plain

■サイバー・バンシー

 

f:id:yamadauta:20190519072230j:plain

■後方のアークナイト

 

f:id:yamadauta:20190519072242j:plain

翡翠の竜、竜態、人態

 

f:id:yamadauta:20190519072251j:plain

■銀の剣士

 

f:id:yamadauta:20190519072259j:plain

■喧嘩屋

 

f:id:yamadauta:20190519072308j:plain

■前方のアークナイト

 

 今回は、ほぼキャラのみで見せる絵のみになりました。今後はしばらくこういった絵が続く予定です。

 全体的に仕上がりとしては粗っぽさが目立ちますが、それが却って情報量の底上げに繋がっている感。あとは、この頃微妙に絵柄が変わって居まして、主に瞼の描き方と鼻の描き方が僅かに変化しています。

 やはり時流に合っているのは点のような目立たない鼻の表現なのかなと思ったのと、瞼のラインはもう少しくっきり見せたほうが良いのではないかと言う所ですね。結果更にグラフティ寄りの表現になった気がします。「喧嘩屋」辺りは切り替えた絵柄が馴染んでいなくて全体的に堅い感じはありますが。

 

 

f:id:yamadauta:20190519073043j:plain

■黒武士と白武将

 今回の製作日数は三日間、時間にして五、六時間と言う所。比較的時間を掛けた事と、全体として然程難易度の高い構図では無い為に、割と良い仕上がりになったのではと思います。散った葉のエフェクトが使われていますが、やはりこうしたエフェクトがあるだけでも大分絵の見栄えが良く成るなと言う印象。まあごまかし技ではあるのですが。

 

 

f:id:yamadauta:20190519073052j:plain

■女頭目と鬼面三人衆

 こちらは製作日数二日間、時間にして三、四時間程。全体的にあまりしっかり馴染ませなかったのですが、シンプルな構成だけにそれが情報量の底上げに成っており、そこそこ良く見える感じ。あとは、背景と人物の情報量の乖離が激しい点をもう少しなんとかすれば評価にも結び付いたかなといったところでしょうか。

 

 

 さて、友人の小説の編集も終わり、そちらのほうは友人の奥様のチェックを経てOKが出次第冊子にすると言う所まで来まして、関西コミティアの準備のほうもあとは個人誌のレイアウトを残すのみとなっております。

 ただ、昨日辺り、さすがに疲労のピークになりまして。最近またプロテインを飲み始めたのですが、そのせいで却って無理をし過ぎてしまう状況になってきました。やはり一日の作業量はある程度決めておいて、ノルマをこなしたら休む、という形にして行きたい所。

 そんなわけで昨日は落書きだけだらだらやっていたのですが、今日もあまり本調子でない感じです。今日も落書きだけダラダラやっている事になりそう。なんというか、現在ツイッターのほうで開始し始めたキャラデザシリーズがどうも軌道に乗らないと言うか、気が入らない感じでして。一旦休止して別シリーズを始めたほうが良いのかもしれないななどと思います。プロではないので、そこら辺は柔軟にやって行きたい。

 ではまた次回。