山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「遮光」他六点と「炎帝開戦」

 こんにちは。定期更新、一枚絵回です。

 

f:id:yamadauta:20190512163652j:plain

■遮光

 

f:id:yamadauta:20190512163703j:plain

■塔へ

 

f:id:yamadauta:20190512163711j:plain

■作戦コードLーβ

 

f:id:yamadauta:20190512163720j:plain

■左方のアークナイト

 

f:id:yamadauta:20190512163729j:plain

■作業ドッグ

 

f:id:yamadauta:20190512163745j:plain

■右方のアークナイト

 

f:id:yamadauta:20190512164046j:plain

猫耳フード

 

 今回は前半三枚がライティングを意識したもの、後半三枚がキャラ主体の物、+一枚が空間を意識したもの、という形になりました。割と目的に応じてとれる択が増えてきている感じはあります。また、キャラ主体の物も、影に当る部分をこれまでより意識したり、と、相互的に絵の理解が進んで来た感じ。

 とは言え、割と構図案が出なくなって来た感じはあります。ポーズもシチュエーションもデザインも、思いつく形は一通りやり尽くしてしまいましたね。また昔の物をリメイクするなどしても良いと思っているのですが…。

 

f:id:yamadauta:20190512164427j:plain

炎帝開戦

 今回の経過製作は製作日数二日ほどでしたが、時間としては三、四時間程度でした。やはりというか人工的な建造物の情報量が大分足りない感じ。ただ、今回はライトの部分を絞って全体の七、八割を暗く落としたので、一目明瞭な画面に成っている気はします。

 

 さて、先日病院に行ったところ、会議前に職員様に呼ばれまして、「ぶっちゃけ前回院内喫茶に手伝いで入ってみてどうだった?」と聞かれました。「疲労はしたが遣り甲斐はあった。ただ、これから続けて行けるかという不安は依然ある」と正直なところを申し上げた所、「じゃあこれからしばらく、とりあえず何も背負い込まずに来れる日にだけ病院に来て、その時余力があったら院内喫茶に手伝いに入る形にしたら? もちろん給料は出せないけど」的なお話をされまして。

 まあ、給料が出ないと言う事は責任がほとんど無いわけで、もちろん気軽でしょうしそれでいて成功体験を積むにはちょうど良いかと思い同意しました。正直な所、また目標が遠のいた気はしましたが、職員様としてもよく考えて下さった上での話だったのでしょうし、私もそれが最善手とは言わないまでも今出来る精一杯ではあると思います。

 差し当たってしばらくは、手伝いポジションと言う形でやって行くつもり。

 

 そんな事もあってぶっちゃけ日常生活では成果の出ない毎日に鬱屈されており、今日辺りそろそろ次の目標を、絵也他の事なりで見出すべきなのでは、と思ったのですが…。

 

 そんな折、友人がまたショートショートの感想を求めるメールを送って来まして、それに対して軽く添削などして送り返した所、「俺の原案を山田君が編集する形でまた冊子を出したい」と依頼されました。まあお金にも実績にもならない依頼ではあるのですが。

 また、フォロワー様と関西コミティアに参加する話が立ち消えに成っていましたが、改めて九月二十九日の関西コミティアに応募する話が出まして、それらで割と忙しくしています。

 なんというか、本来すべき事からどんどん遠ざかっている気はするものの、日々手応えは感じている状態ですね。しばらくは少し気を楽にして、今巻き込まれている渦を楽しむような日々を送っても良いのかもしれません。

 ではまた次回。