山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「アークナイト」他六点と「黄金鎧の英雄」他一点

 こんにちは。定期更新、一枚絵回です。

 

f:id:yamadauta:20190505145630j:plain

■アークナイト

 

f:id:yamadauta:20190505145641j:plain

■パラディオン

 

f:id:yamadauta:20190505145651j:plain

■背景習作

 

f:id:yamadauta:20190505145657j:plain

■作戦コードL

 

f:id:yamadauta:20190505145706j:plain

■高山の城塞

 

f:id:yamadauta:20190505145721j:plain

■バスタード・ガール3

 

f:id:yamadauta:20190505145730j:plain

■休日の朝日

 

 今回載せたものの辺りから、割とふっ切れたというか、絵を描く楽しさを再び思い出せてきた為に全体に好調となっています。

 途中の背景習作は、背景のライティングを試すための一枚だったのですが、そこから続く三作の背景付イラスト、特にラストの休日の朝日は、ライティングを活かして見栄えを上げるという試みを行ったものになります。割と今まで、屋外の光源が多量にあるムードを中心に描いてきたのですが、明確に光源と陰影を絞ってのこう言った表現も出来ると幅が広がりますね。

 

f:id:yamadauta:20190505150223j:plain

■黄金鎧の英雄

 これも2018年の「英雄」のレタッチ。人物には然程手を入れず、主に背景を描き足した形になります。この頃の人物の衣装や鎧のデザインや色使いは本当に熱量に満ちていて、今ではなかなか真似できないなと思わされるところ。

 

f:id:yamadauta:20190505150232j:plain

■岩窟の巨神

 これも2018年の物のレタッチ。後期のものなので、割と馴染みがある方も多いでしょうか。こちらも順当にカンバスサイズを広げてライティングなど調整しただけという出来に。これはこれで意味があるのかもしれませんが、なんというか当時のデザインが完成され過ぎていてレタッチしようにも手を入れる隙がないのですよね。次回からまた新作を出していければと思います。

 

 さて、GWも終わりに近づいてきました。次の水曜には院内喫茶の会議が在る為、否応なく病院に行く事になるのですが、この会議というのが毎回しょうもない議題ばかりが上がって時間が押すのがしんどい所。日本における会議と言う物は得てしてそういうものなのでしょうが、クリエイティブな趣味に少しでも携わっている人間からしてみれば非常に無駄が多いですね。というわけで恐らく疲れ切って帰ってくるものと思われます。

 ではまた次回。