山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

企画コンセプト52

 こんにちは。いつも通り企画コンセプト二周目です。

 

f:id:yamadauta:20180910140517j:plain

・HartsMaterial キャラ草案17-2 魔術師。特区下級民の子として生まれるも、両親が向上心の高い人物であった為幼いころから比較的偏差値の高い教育を受けてきた。その後、自身も野心を抱き官僚となり、幼い頃から親しんだプログラミング技術を活かし情報管理局局長に上り詰めた、叩き上げの人材。

 

f:id:yamadauta:20180910140524j:plain

・HartsMaterial 企画コンセプト17-2 原子炉。主に機密性保持や危険物持ち込みの為に設けられた開発区の一角に存在する、特区の主電源。一世紀前に比べれば遥かに効率よく安全にエネルギーを取り出せるようになったが、核廃棄物の処理方法に関しては未だ水、地中に沈める程度しか手段が無い状態。

 

 さて、今回も前回夕橙様にご指摘頂いたように息切れ感の強い出来となっています。まず、キャラのほうはやはり顔の筆運びが大振りで、それだけで見栄えを損ねている感。コンセプトアートのほうは昨日載せた物の反省から、手堅く攻めようとしたようですが、それが行き過ぎて平坦過ぎる構成になっています。直線のがたつきなども見られ、やはりこの辺りかなり苦しんでいたのが伺えますね。

 

 

f:id:yamadauta:20180910140930j:plain

・イメージスケッチ35 「インフェルノ

 

f:id:yamadauta:20180907073744j:plain

■製作経過二日目

 

 今回の製作は次回完成予定です。

 

 さて、今日は病院に行って来たのですが、いつもに比べれば疲労度も軽度です。ある程度体力が付き始めていると言えるかもしれない。恐らくプランクがかなり効いているのでしょう、寝込まなくなってからもう一か月半超えましたし。

 とりあえずいきなり仕事というのは色々とデメリットとリスクが大きいので、どこかでシミュレーションする必要があると思っているのですが、施設を利用するのももう嫌(どうせパソコンの学習教材だけ渡されて延々無駄な勉強をさせられるのが目に見えている)なので、やはり病院の喫茶活動に入るのが適当かなと思っております。具体的には次回通院時くらいからお話を進めて、来月当りには本活動に参加できると良いかなと。

 まあ、今はやる気がみなぎっていますね。あまりエンジンをふかしすぎないようにだけ気を付けたい所。

 ではまた次回。