山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

新巨大武器少女2

 こんにちは。前回から若干日が開きましたが、キャラデザシリーズ二回目です。

 

f:id:yamadauta:20180521134501j:plain

■3.緑山羊

 

f:id:yamadauta:20180521134509j:plain

■4.紫狼

 

 今回の二枚も、そこそこ気合いの乗った、情報量としては充実したキャラ二体になったのではないかと思っております。ただ、3の大鎌が鎌であるとぱっと見では分かり辛い点、4のポージングがやや硬い点など、やはり繰り返し描いていると劣化してくる部分があるなと。

 この所体力の低下もあり、モチベーションを保つのが非常に困難な状況にあり、既に次のデザインシリーズに取り掛かっていますが状況が芳しくありません。やはり今は攻めでは無く守り、無理をするのでなく休む事優先に動くべきなのかなと。

 

 

 さて、今日の午前中は病院に出向いておりました。差し当たって、一日の内大半をネットをして過ごし、家族ともほとんど会話しない状況をなんとかしようと思い、まずは通院回数を週三回程度まで引き上げる事を目的に動いて行こうかなと。現状週二回でも疲れ切っているのですが、慣れれば自然と体力も付いてくるでしょうし。

 

 今日は、若干久しぶりに顔を合わせた件の友人の相談に乗る流れになりました。

 友人は、どうやらまだ文学での成功を諦めきれないらしく、先日出版社のコンクールに自作を投稿したそう。その際、講評と自費出版の勧めを受けたらしく、今回はその出版社側の文面を見せて貰ったのですが、これがまた詐欺っぽい…。そもそもその出版社自体昔から良くない噂の絶えない所で、最近よく話す職員様も難色を示しておいででした。

 

 まあ、友人の気持ちも分かります。彼は私より二歳ほど年上なのですが、三十歳を数えると俄かに「何もない自分」に焦るのだろうなと。私もそうですし。

 私自身若い頃は随分無謀な賭けに出たりもしたので、なかなか頭から否定できない所です。これはもう友人自身に人生経験として知ってもらうしかない。

 と思ったので、最近流行っているらしいクリエイター支援サービスの利用を勧めておきました。あれなら大手サイトが幾つかありますし、動く金も少額なので、経験を積むにはちょうど良いだろうと。

 

 尚、他の患者様に伺った所、どうやら病院全体がこの所「ちゃんと寝てるのに怠い」「なぜかやる気が起きない」という症状に見舞われている人達で溢れているらしく、私の症状もそれに類する物、恐らく五月病ではないかと。

 そうなると足掻けば足掻くほど泥沼にはまるのは明確なので、とりあえずは一日の作業量をぐっと落として、しばらくは楽に生きるつもり。まだしばらくツイッターなどでは荒れそうなのですが…。

 ではまた次回。