山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「鬼騎士」と「流浪剣士」

f:id:yamadauta:20180422094357j:plain

■鬼騎士

 

 おはようございます。今日の一枚目もピンタレストで見かけた資料を基にしたもの。

 これを描いたのは昨日の一枚目同様七日休養の直前に当り、正直疲れ切っていたため細部の配慮が全く出来ておりません。全体的に観れば良いデザインが出来ていますし、もう少し詰めれば良いものになった可能性が高いだけに惜しかった一枚。

 

f:id:yamadauta:20180422094408j:plain

■流浪剣士

 こちらも休みの直前のイラストに成ります。割と、こういったファンタジー系の立ち絵に関してはキャラデザシリーズも含め大まかなネタは出尽くした感がありますね。あとはポージングやパーツの組み合わせなどでバリエーションを出して行くしかない状態で、描いていても意義を感じられない事が増え、それが最近のガス欠を頻繁に招く状況の一因となっている気も致します。

 今後はより自分の引き出しを広げる為と、何よりも自分が描いていて楽しいものを広げるために、より頻繁にピンタレストに頼る状況に成ってくるかなと。

 

f:id:yamadauta:20180422095105j:plain

■火の山の王

 ここで完成と致しました。メインの人物やモンスターの造型はともかく、背景の山や岩の描写が嘘っぽく成ってしまったのが今回の主な反省点。やはりこう言ったリアリティが問われるモチーフに関しては、もう少し資料を集めてから描くべきと言う気が致します。

 メインの人物とモンスターに関しては、まあ今の自分のベストかなと。

 

f:id:yamadauta:20180421144918j:plain

■経過一日目

 と言う訳で新しい経過製作の構想を練り始めました。今回は人物以外の要素の練習をメインとするつもり。

 

 さて、この所極めて良くない流れにハマり始めていたのですが、私自身は割とふっ切れまして、あとは今回軋轢を生んでしまった人たちにどう誠意を示して行く事かなと思っております。これは個人的な考えですが、合わないとか分かり合えないとか行った状況はどうしても生じるもので、そこで無理をしてもお互い消耗するばかりだと思っており、分かり合えない部分はそれとして認め合うべきだなと考えております。

 まあそんな感じで、相手に対してもそう言う自分の考え方をとりあえず認めて頂く所から入ろうかなと。今は私もあまり無理が効く状況では無いですし。

 そんな感じで、また次回。