山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「黒曜装」とメイキング

f:id:yamadauta:20171224123059j:plain■黒曜装

 

 こんにちは。また数日寝込んでおりました。今回も定期の製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171130145148j:plain

1.大ラフ

 今回もピンタレストからイメージの大元を頂いて来ました。人体に関して、単純なポーズならある程度狂わなくなってきたかもしれません。

 

f:id:yamadauta:20171130153022j:plain

2.詳細ラフ

 今回はいつにも増して描く事がありません。

 

f:id:yamadauta:20171202073242j:plain

3.塗り込み

 

f:id:yamadauta:20171224123059j:plain

4.完成

 

 今回は、割と無難なポージングやコンセプトで挑んだためか、全体のクオリティとしてはそれなりに高いものになりました。ただ、無難なコンセプトで描いたものは無難な出来にしかならないわけで、全体の華やかさと言う意味では今一つですね。スタイリッシュ、と無理やり言いかえる事も出来そうですが…。

 

f:id:yamadauta:20171224124221j:plain

■線画練習五日目

 

 さて、また四日間ほど寝込んでおりました。今回は体調不良と言うよりは気鬱によるところが大きかったです。

 寝込む直前、年末の雰囲気などによる焦りからか、非常に極端な指針変換、行動変換を連発していたのですが、そこに、あるプロでバリバリ描いていらっしゃるイラストレーター様の、「枚数に拘ると全力で無い物を量産するだけになってしまうので注意です。私が見てきた、長い事描いてるのにあんま上手くない人は大体これでした」という呟きが流れて来まして…ご本人の意思も分からない無為な事とは言え、まるで自分の今までの活動全てを否定されたような気になってしまい、ぱったりと絵を描く気を失くしておりました。

 

 その言葉の真偽はともかくとして、やはり焦り過ぎていたなと感じています。誰に向けて仰ったことかはわかりませんが、私が短時間で仕上げる事に拘るあまり伸び悩んでいたのは事実なわけで。ここらで、もっと長いスパンで製作に当って行かなければいけないなと思い直しました。来年に向けて、そろそろ本当に今後の体制を決めて行こうと思っております。とりあえずあと数日掛けてじっくり練習計画を煮詰めていきますかね。

 ではまた次回。