山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「闊歩する鬼神」とメイキング

f:id:yamadauta:20171120053815j:plain

■闊歩する鬼神

 

 おはようございます。いつも通りの製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171109015349j:plain

1.大ラフ

 今回は構図、キャラデザともピンタレストを参照致しました。ただ、それぞれ大きくアレンジしてあります。ある程度アレンジの仕方が解って来たかなと。

 

f:id:yamadauta:20171109062405j:plain

2.詳細ラフ

 割と作業中に、手が止まったり迷ったりと言ったことが減ってきたかもしれません。昔からあまり絵を描く時に悩むタイプでは無かったのですが。

 

f:id:yamadauta:20171110154015j:plain

3.塗り込み

 徐々に整えていますが、最近整える前のコントラストのはっきりした状態のほうが良く見える事がままあります。

 

f:id:yamadauta:20171110170535j:plain

4.仕上げ

 色相に幅が無く、絵に厚みが無く見えたので、環境光を二色足してみました。

 

f:id:yamadauta:20171120053815j:plain

5.完成

 

 今回の一枚は、先日寝込む直前の一枚に当り、その分次のイラストまで間が空いたので追加で割とたくさんの評価が入りました。ただ、自分としては納得いかない部分の多々あるイラストになってしまいましたね。

 まず構成ですが、手前の人物が鬼神を見上げている、というスケール感がいまいち表現できていません。恐らくライティングとパースの失敗だと思うのですが。あと、やたら無計画に差色をした為に、絵としては賑やかになりましたがイラスト的な立体の正確さは損ねてしまった感じ。この所意識して色相を振るようにして来ましたが、あまりやり過ぎると悪手になるようです。

 

 さて、昨日も一日平和でして、本日の始まりも割かし順調でした。また安定期に入ってきたのを感じます。出来ればもうしばらく面倒な事から離れてゆっくりしたいですね。

 

 とは言え、自分の絵の弱点にもそろそろ真剣に向き合っていかなければいけません。今の所性急なのは、やはり立体と構造の理解、それに伴うライティングの理解でしょうか。デッサンが崩れている件に関しても、この立体の理解が進めば自ずと解決する問題に思えます。

 解決策としてはデッサンをするのが一番の近道なのでしょうけれど、今までデッサンをしてもことごとく「イラスト」的な描き方をしてしまい、いまいち効果を実感出来ませんでした。やはり、どこかで一度専門機関にデッサンを習いに行かなければいけないかもしれません。来年以降、手が空いて金銭的余裕が出来たら、通信講座も含め考えてみたいです。

 

 ではまた次回。