山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「聖剣の剣士」とメイキング

f:id:yamadauta:20171116054331j:plain

■聖剣の剣士

 

 おはようございます。今回も定期の製作とメイキングです。

f:id:yamadauta:20171106084343j:plain

1.大ラフ

 最近、この大ラフの過程をもう少しスマートに詳細ラフに繋げられないかと思い始めました。やはり、厚塗りで無駄の多い描き方をしていると絵柄や表現意図がブレ易く、またデッサンの狂い等も誘発し易いものと思われます。現在は完全に面を取りながら細かくして行く方法を取っていますが、一度線である程度ラフを細かく描き込む方法を試してみようかなと。

 

f:id:yamadauta:20171106144031j:plain

2.詳細ラフ

 やっぱりというか、大ラフとこの詳細ラフの工程がとても無駄に感じるんですよね。まだ細かい装飾などが入っていないので結局全体のバランスが見えていませんし、結果造型としても現時点では無難なものを選択せざるを得ない。どこかで方向転換の必要を感じています。

 

f:id:yamadauta:20171106173530j:plain

3.塗り込み

 ここまで来てようやく今回の趣旨が見え始めます。今回は裏テーマに、「ソシャゲのような表現を試す」事があったのですが、やはり何度挑んでも難しいなという印象ですね。自分には構図とデザインを両方洗練された状態で組む力がまだ無く、装飾なども割と流れで決めてしまうので、初めにある程度しっかりしたデザイン案を別紙に描いておくなどの対策が必要だと思われます。

 

f:id:yamadauta:20171107043310j:plain

4.仕上げ

 とりあえず今自分に出来る方法でディテールを加えていますが、やはりというか単純に線で分割したり装飾したりする程度の事しか出来ておらず、ディテール作りに対する慣れの無さが伺えます。

 

f:id:yamadauta:20171116054331j:plain

5.完成

 

 今回の一枚は、とにかく掲げた目標が高過ぎた所から色々と無理の効かない展開の仕方に成ってしまった気がしています。普段なら柔軟に試行錯誤して行ける部分も、完成度を上げる事を念頭に置き過ぎてやや融通が利かなかった感。派手なエフェクトを散らし、定番のモチーフを並べたことで評価としてはそれなりでしたし、身内でお褒めのお言葉も頂いたのですが、やはり上記の点も含めそろそろ次の段階に進まなければなと。

 

 さて、昨日書いた件ですが、そのフォロワー様とツイッターのDMで少し膝を交えて話しまして、とりあえずこちらが非礼をわびた所、いや、今回は自分の(フォロワー様の)非が解ったから結果として良かった、的な事を言われました。遠慮されているのかなと思ったのですが、話してみるとどうやら本当にそう思っていらっしゃるらしく、まあここからはプライベートな話になるので避けますが、ではお互いにより自分をよく見る機会として有益だったかもしれませんね、という結論に。

 

 尚、私も前々から、自分の親しい人達を支配したい、自分の思い通りに動かしたい、という欲求に駆られる事がよくあり、今回特にそれを思い知らされました。相手のお言葉を借りるなら、やはり「依存」がそうした心理を引き起こしているのでは、と。

 

 とりあえず、自分自身の体力回復も鑑みて、その方とはもう少し距離を置いて、お互いやるべきことを整理してからまた話しましょうと言う事になりました。今も、言葉を交わす程度の付き合いは続いており、自分の中でここまで被害を極小で抑えられたのは奇跡的だなと。いつも、少しでも嫌われた時点で挽回できない状態になっている事が多かったので。

 これもひとえに相手の方の柔軟性と、お互いを分かちがたく思っていた心理が符合したのかなと思っております。とにかく平和な関係を築き直す事が出来そうでほっと致しました。夕橙様も仰っていましたが、やはりまずはしっかり話をする事ありきですね。会話の大切さがよくよく身に染みました。

 

 そんなわけで、まあ他にも気がかりな事がないではないものの、今回の騒動にはひと段落付けられそうです。こちらで相談に乗ってくださった皆様、励まして下さった皆様にもお礼申し上げます。

 ではまた次回。