山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「竜巣」とメイキング

f:id:yamadauta:20171107052345j:plain■竜巣

 

 おはようございます。定期の製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171027110418j:plain

1.大ラフ

 今回の一枚は、先日「昔の絵の再興」を図っていた時に描いた習作になります。よって今回も資料などを使用していません。ラフの感じでは概ね良い感じのデザイン、構成になっている気がしますが、やはり説明不足感は否めませんね。

 

f:id:yamadauta:20171027130949j:plain

2.詳細ラフ

 当時、びっぐさきより、「印象派風の豊かな色彩」「抽象的に成っても良いので思い切った造型」の二点を特に理想として挙げられていたので、それを基に絵を作ろうとしておりました。

 

f:id:yamadauta:20171027155955j:plain

3.塗り込み、仕上げ

 ディテールを彫り込んでいます。やはり、無節操に色を置き過ぎたためにディテールの造りが不完全になっている場所が散見されます。

 

f:id:yamadauta:20171107052345j:plain

4.完成

 

 今回は、とにかく豊かな色相と造型を目指して描きましたが、根本的にそれらを見栄えのするものに仕立てる力が足りなかったために、何かと中途半端な出来になりました。評価としても、この所の製作の中では取り立てて落ち窪みましたね。若干加工で誤魔化そうともしてみたのですが、それも逆効果だった感。

 この一枚はとにかく、人物の造型が不自然、ディテールをしっかり起こさないと抽象画のような人を選ぶものになる、どこにその絵の一番の魅力を持ってくるかもっと考えるべき、アイレベルの設定が相変わらず曖昧、など、様々な問題を孕んだイラストに成りました。不作ではありますが、考えさせられる部分は多かったですね。

 

 さて、昨日からとりあえず少しずつ体力が戻ってきたと言う事で、落書きキャラデザ含む製作を少しずつ取り戻しつつペースを作っております。

 やはりというか、現状一日に描けるのは一枚+α程度で、それ以上をやってしまうと後々しわ寄せが来ると言うのが今回よく分かりました。これは単純に体力を付ければ良いという問題では無く、モチベーションや精神的な負荷等も考慮した絶対の安全策ですね。そろそろ日常生活のレベルを、職探しに向けてもう一段階進めようと思っておりますが、それも慎重にやって行きたいものです。

 ではまた次回。