山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「機械都市の地下道」とメイキング

f:id:yamadauta:20171015035852j:plain■機械都市の地下道

 

 おはようございます。今回も一枚絵と製作過程です。

 

f:id:yamadauta:20171007200153j:plain

1.大ラフ

 今回もある絵描き様のイラストから構図の着想を、ピンタレストで見つけたイラストからキャラデザインをある程度頂いています。この時点で、右下のオレンジの部分を発光箇所とする事に決めていたため、そこを光源として進めていくべきだったのですが、この時点で間違えていますね。

 

f:id:yamadauta:20171008090316j:plain

2.詳細ラフ

 今回は地下道というテーマが決まっていたにも関わらず、やはりライティングを屋外のムードにしてしまいました。最近ある程度完成度が安定してきたのは良いのですが、それゆえに慣れ過ぎて作業がルーティンに成り過ぎているように思います。

 

f:id:yamadauta:20171008090317j:plain

3.塗り込み

 人物とアンドロイド犬は大体仕上がった状態です。

 

f:id:yamadauta:20171009052625j:plain

4.仕上げ

 背景が簡素に成り過ぎている事に気付いたので、ある程度ディテールを足しています。また、人物の右腕が短く見えすぎて居る事に気付いたので、ある程度修正致しました。

 

f:id:yamadauta:20171015035852j:plain

5.完成

 加工して完成です。今回かなり大きく色を弄り、発光レイヤー等も使って派手な演出を試みてみました。

 

 総評としては、とにかく「慣れ」が先行して来て、作画ペースは上がっているものの細かい矛盾点が絵に増えてきた点がとりあえず問題ですね。人物の顔やプロポーションなどもだいぶ安定してきたのですが、まだ完全に構造を理解するには至っておりませんし。

 反面、派手な演出を多々取り入れた為か評価としてはかなり伸びまして、やはり見た目のケレン味がウケを狙う上では大事なのだなと。ここら辺、私特有のジレンマですね。技術を高める一方で、そのせいで纏わりついてしまう余計なプライドは捨てなくてはならない。

 

 さて、昨日書いた件ですが、間接的にではあるにせよやはりボロクソに言われました。その内容も、思った通り大体過去何度も言われた覚えのあるものでしたね。で、それはなんとか我慢して飲み込んだのですが、そのあと相手とやり取りする中で若干いざこざが起きまして。恐らくお互いに相手に対して苛々し始めていたためのすれ違いだと思うのですが、結果としてフォローを外させて頂く事になりました。

 詳細を書くと完全に陰口になってしまうので割愛しますが、今回は私が相手の事を信用し、理解して頂く事を期待したために起きた事態であったかなと。とても人懐こい様子で接して下さっていたので、気を許し過ぎました。その中で互いに一線を越えてしまったものと思っています。

 

 そんなわけで、今朝もずいぶん酷い気分なのですが、仕方がないですね。この所ずっと雨天だったり、急に寒くなったことなども関係しているのでしょう。あまり神経質にならないようにしたいものです。

 

 

 尚、冗長ですが、昨日その相手と別離した直後に読んだ、フォロワー様の漫画に少し元気を頂いたので、こちらにもご紹介として載せてみます。

 

twitter.com

 

 暴力描写があるのでその点だけ気を付けて頂きたいのですが、不条理な世界や、見えたと思ったら消えてしまう希望。その中で貪欲に足掻き続ける人のサガなどが力強いタッチで、でも丁寧に描かれており、素晴らしい出来だと感じました。よろしければ読んでみてください。

 ではまた次回。