山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「闇と闇の遊戯」とメイキング

f:id:yamadauta:20171013041215j:plain

■闇と闇の遊戯

 

 おはようございます。今回ももはや長期と言えなくなって来た製作とメイキングです。

 

f:id:yamadauta:20171006071929j:plain

1.大ラフ

 邪神に立ち向かう暗黒剣士、的なイメージです。今回も割と使い古した感じの構図になりました。構図に関してももっと勉強が必要ですね。なお、今回も二体の大体のデザインには原案となるイラストが存在します。

 

f:id:yamadauta:20171006074021j:plain

2.詳細ラフ

 今回も屋外のイメージでライティングを作っています。この辺り、最近ルーティン化して来てあまり良く無いですね。ライティングのパターンの幅ももっと広げていかないとなと。

 

f:id:yamadauta:20171006094747j:plain

3.塗り込み

 整えつつ成形しています。構造的に不自然な所を直したり、バランスを微調整したり。この時点で邪神がかなりダサく成ってしまい、やはり自分には独力でデザインを作って行く能力が欠けているなと思い知りました。

 

f:id:yamadauta:20171007094640j:plain

4.仕上げ

 今回は邪神は極あっさりとした塗り込みに留め、距離感を出そうとしています。一方で人物のほうは割とガッチリ塗り込んでいますね。背景を弄り、邪神の巨大さの演出として雲を足しました。

 

f:id:yamadauta:20171013041215j:plain

5.完成

 いつも通り色を弄り、エフェクトを加えて完成です。

 

 今回は、とにかく邪神の仕上がりが今一つだったのが目につきました。初期のシルエットの段階では悪く無いなと思ったので、やはり自分で決めた細部に関して不整合性が出たのでしょう。クリーチャーらしい気持ち悪さはある程度演出出来たかなと思うのですが。

 尚、評価としては割かし上々の結果でした。やはり分かり易い題材が好まれる傾向が在るのと、こういった王道を行く表現がウケたのでしょうね。

 先日、評価に関してはあまり気にしない様にしたいと書きましたが、やはり「商人」タイプの絵描きとしては、逆にがつがつ評価に拘って行くくらいが良いのかなと思います。もちろん自己満足等も織り交ぜつつ。

 

 さて、昨日はまた愚痴を吐いてしまいすみませんでした。あれから自分で読み返して「これはどうなのか」と思ったので消してしまったのですが、ご覧になって気分を害された方がいらしたら申し訳ないです。

 どうもこの所やけに余裕を失くしている気がします。企画の打ち合わせで毎日何時間もチャットしている状況や、頼まれて長編小説をある程度読んでおかなければならなくなった件など、今回の企画に際してタスクが一気に増えたために、絵を描いたり息を吐く時間などが削られている現状があります。正直、しんどいです。

 ただ、この企画を成功させることが自分を成長させる一因になる可能性が高いので、なんとか頑張りたい所。期待して頂いている分は裏切りたくないですし。

 そんな感じで、また次回。