山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「怪鳥との遭遇」とメイキング

f:id:yamadauta:20171006052213j:plain

■怪鳥との遭遇

 

 おはようございます。今回も長期製作と製作過程を載せさせて頂きます。

 

f:id:yamadauta:20170929162931j:plain

1.ラフ

 今回も割と自分としては定番の構図で決めました。構図の幅が極端に狭く成って来ている気がしますね。適宜人様のイラストを参考にするなどしてもっとバリエーションを出して行きたい所です。

 尚、今回も人物の衣装はピンタレストで見つけたイラストからアレンジ致しました。

 

f:id:yamadauta:20170930110530j:plain

2.詳細ラフ

 ハイライトと反射を足しています。今回先週の非常にしんどい時期に描いたもので、若干神経をすり減らし経過画像が多く成っています。

 

f:id:yamadauta:20170930122029j:plain

3.更に詳細ラフ

 ここまで来てようやく形が決まって来ました。今回、怪鳥の翼が画面の大部分を締め、その合間に人物や怪鳥が覗くような構成を意図したのですが、概ね成功したのではないかなと。

 

f:id:yamadauta:20171001100746j:plain

4.塗り込み

 先日から大変緻密で精緻なイラストが度々ツイッターで上がってくるので、当時辛いなりになんとかクオリティを上げようとして、努めて細かく描き込みを増やそうとしています。背景の木々にも、目立たない程度に苔むした部分を加えるなどしていますね。

 

f:id:yamadauta:20171001120923j:plain

5.仕上げ

 今回はとにかく手数を増やす事で精巧さを出そうとしています。翼にも一枚一枚の羽根に渡って細かく描き込みを入れ、怪鳥の体のヒビも立体的に見えるよう気を使ったり、目立って居なかった大剣に装飾を加える事でアイキャッチとしたり。努力賞ですね。

 

f:id:yamadauta:20171006052213j:plain

6完成

 いつも通り色を弄って完成です。

 

 今回は、構図に不安がある中で描き始めた割に、最終的な完成度は自分にしてはかなり高く成り、身内でも比較的好評を頂きました。やはりというか、手数でごり押しするやり方が自分には向いているようです。

 また、これを描いている最中は本当に精神的に辛かったのですが、それが結果として向上心に繋がり、自分のレベルがまた一段階上がった手応えがありました。上級者まであと973レベルですかね。

 反省点としては、やはり構図、特にアングルと配置がかなり単調に成って来たけらいがある点が言えます。デザインでなんとか差別化はしているものの、もう少し手を広げて行きたい所ですね。

 

 さて、今日も深夜二時から起きて作業しております。最近血糖値が大変低くなっており、糖分としてコーラを一日一本飲まないとイライラするようになって来ました。対処法が解っているのでまだマシなのですが、毎日コーラを買うのは地味に懐が痛い。これも何かのサプリで対処すべきなのでしょうか。

 

 尚、一昨日、「一時間で落書き描きましたって魅力的な絵を出してくる人いますよねー」という呟きをした所、フォロワー様のお一人よりデッサンを習う事を勧められました。正直「またか」という感想。

 基礎が出来ていないのは自分でも重々承知しており、それを十年以上指摘され続けてすっかり自信が無くなってしまった背景がある。それに至る経緯をとりあえず懇切丁寧にご説明したのですが、それでも「力になりたい」と言って食い下がってくるお相手。最終的にこちらの経済状況までお話した所、そうですか、がんばってください。と一気に熱が冷めたご様子でした。

 デッサンを勧めるまではまだ良い。私に期待を寄せて下さっているのは実際ありがたい事です。ただ、善意の押し売りは辞めて頂きたいなと。そもそも今回の元の呟きは「魅力」であって「基礎力」ではないし、善意が通らなかった程度でへそを曲げるような正義感は自己満足でしかない。正直、こちらまで「失望させて申し訳ないな」という気持ちにさせられ、翌日まで気分が塞ぎました。

 まあ、いつも通りの愚痴でした。ぶっちゃけ、数年前までアドバイスと言う名目での好みの押し付けを受け続けて来た状況があったので、自分も過敏になっておりますね。今回は努めて柔らかく対応しましたが、誤って逆ギレしたりなどしないように気を付けなければいけません。

 ではまた次回。