山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

落書きキャラデザ

 こんにちは。先日から、メカの練習からファンタジーのデザインの練習に切り替え、一日一枚のペースで立ち絵を描いております。次回以降そちらを順次公開して行ければと思うのですが、その前身として、先月くらいまで自分がちょこちょこ描き溜めていたファンタジーのキャラデザインシリーズがあるので、今回纏めて載せてみます。初めの半数くらいは再掲になります。

 

f:id:yamadauta:20170319061033j:plain

f:id:yamadauta:20170401003905j:plain

f:id:yamadauta:20170401003906j:plain

f:id:yamadauta:20170413132103j:plain

f:id:yamadauta:20170413132104j:plain

f:id:yamadauta:20170421052100j:plain

f:id:yamadauta:20170421052101j:plain

f:id:yamadauta:20170421052102j:plain

f:id:yamadauta:20170511071344j:plain

f:id:yamadauta:20170528131537j:plain

f:id:yamadauta:20170528131540j:plain

f:id:yamadauta:20170615104641j:plain

f:id:yamadauta:20170615104644j:plain

f:id:yamadauta:20170627074006j:plain

f:id:yamadauta:20170627074009j:plain

f:id:yamadauta:20170818074639j:plain

f:id:yamadauta:20170818074641j:plain

f:id:yamadauta:20170818074640j:plain

f:id:yamadauta:20170818074642j:plain

f:id:yamadauta:20170818074643j:plain

f:id:yamadauta:20170818074644j:plain

 

 計二十一体でした。ここまでご覧頂きありがとうございます。

 立ち絵の練習を始めた動機は自分のデザインセンスをもう一度磨き直す為でしたが、その点も含め、全体的に徐々に画力の向上が見られる結果になりました。ただ、やはり本来私が目指している所である、昨今のコンシューマゲームやソシャゲで使われるような華美なデザインには達していないなと思う所。

 やはり基本的に自己流に偏り過ぎてるため、デザインの仕方そのものが野暮ったい節があります。

 次回からの落書きキャラデザ新章では、その点を出来る限り解消できると良いなと。

 

 ではまた次回。