山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「邪竜と贄嫁」といつものメイキングもどき

f:id:yamadauta:20170913060227j:plain

■邪竜と贄嫁

 

 おはようございます。今回の一枚は恒例の長期製作。いつも通り適当な解説を付けつつ経過を載せてみます。

 

f:id:yamadauta:20170908131541j:plain

1.ラフ

 この所の連作で粗方描きたいものも尽きて来たので、今回は有り合わせで「邪竜と心を通わせる少女」的なよくある題材を選択しました。今思うと余りにも構成にひねりが無さ過ぎたかもしれないですね。

 

f:id:yamadauta:20170908131542j:plain

2.詳細ラフ

 いつも通りライトとシャドウを入れ、ついでに邪竜をある程度成形しています。余りにも画面に動きがないなと感じたので、右下に竜の腕に当たるパーツを、背後に尻尾に当るパーツを付け加え、構図のシルエットに変化を出しています。

 

f:id:yamadauta:20170908160514j:plain

3.塗り込み

 拡大して詰めて行きます。邪竜は良い感じに醜悪な見た目になった気がしますね。反面、少女のほうが余りにもシンプルなデザインになってしまいましたが…。

 

f:id:yamadauta:20170910083920j:plain

4.仕上げ

 更に細かくディテールを作ります。少女の意匠のデザインも若干変えて、赤を加えアイキャッチとしてみました。手前の樹が距離感に比して薄い気がしたので濃く塗り込み、背景の木々も過密感を上げるために若干タッチを入れています。

 

f:id:yamadauta:20170913060227j:plain

6.完成

 色を弄って完成です。

 

 今回、人様にご指摘頂いた点として、一番鮮やかなのが左上の意味のない空間になっている、赤みを差すなら竜と少女の手が接している部分が良かったのではないか、というものがあります。なるほどですね。他に気になる点はと言えば、やはり少女のデザインが適当過ぎて、「贄嫁」という趣旨が伝わり辛く成っている所でしょうか。民族衣装や花嫁衣装などにしてやるとよりストーリー性がでたのかなと

 

 さて、余りにも疲労が蓄積しているようだったので、昨日は一日寝たり起きたりを繰り返しながら休養に充てました。そもそも前回の休養から約一週間経過していましたし。

 本来、三、四日纏めて休みを取りたい所ではあるのですが、なぜか現在そうする気になれません。今回の休み中も緩やかに耐久力は下降しており、けして予断を許せる状況では無いハズなのですが…この所の生活リズムが根付き掛けているのでしょうか。

 いずれにしても、恐らく数日後か数週間後には体力が尽きて休まざるを得なくなるでしょうね。

 ではまた次回。