山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「魔性の王座」再びメイキングもどき付き

f:id:yamadauta:20170904064241j:plain

■魔性の王座

 

 おはようございます。昨日はやけに疲労が込んでおり、必要最小限のタスクをクリアした所で体力が尽きて寝てしまったのでブログの更新も出来ませんでした。

 今回の一枚はこの所描いていた長期製作。且、リメイクに成ります。

 

f:id:yamadauta:20160310014940j:plain

■リメイク元(2017年作)

 総評として、今回のリメイクでは全体に彩度が高く色鮮やかになった点、クリーチャーや女性の造型がコミカルになった点などが目立ちます。どちらも善し悪しあるのかなと言う感じですね。自分としてはリメイク元の雰囲気や造型のほうがスタイリッシュで好みなのですが、一言してキャッチさや個性があるのはリメイク後のほうである気が致します。

 今回も何枚か途中経過を取りためていたので、それを晒しつつ簡単に解説を付けてみます。

 

f:id:yamadauta:20170829114516j:plain

1.ラフ

 少し前から、シルエットでラフを描く方法を試しております。感覚的に面から空間を作る事が出来るので、ポーズを決めたり構成を考えたりするのに向いている描き方ですかね。今回は王座に座った魔王の膝に掛けた魔姫、という構成を意図しています。

 

f:id:yamadauta:20170829125643j:plain

2.詳細ラフ

 形を彫り込んで行きます。ここまで見ると、先日ご覧にいれた線からラフを作って行く方法とだいぶ違うように見えるかもしれないのですが、基本色とシャドウ、ハイライトを重ねて行く、という点で体感は実はほとんど変わりません。

 若干異なるのは、パーツをアウトラインで無く直接面で作って行くため、エッジや成形に対する意識がやや変わってくる点ですね。

 

f:id:yamadauta:20170830033749j:plain

3.成形

 詳細な形を作り込んで行きます。前回もでしたが、屋外のムードを想定して、ハイライトには黄色を、シャドウには暗い青を使っています。とはいえ玉座が野外にあるのは不自然なので、ここでは別の色を使ったほうが良かったかも。

 

f:id:yamadauta:20170901115607j:plain

4.塗り込み

 塗り込みつつ細かい形を詰めて行きます。胴部の金属パーツには、周囲の色の反射を意識的にオーバーに取り入れています。右側には魔姫の色が映り込み、左側には魔王の体色が映り込んでいる感じですね。

 

f:id:yamadauta:20170904064241j:plain

5.完成

 更に塗り込んでオーバーレイで色を処理して完成です。

 

 次回の長期製作にも既に取り掛かっているのですが、今回のような解説をしつこくやるのかどうかは未定です。

 さて、昨日も十二時間以上眠り、タスクも最低限しかこなせませんでした。今日で活動十二日目、だいぶ無理が重なって来ている感じはあります。そういえばいつの間にか九月に突入しておりますね。今年も残り四か月、いよいよ何か成果を残さなければという気持ちが強く成って来ました。差し当たって今日も、病院のほうで障碍者の社会復帰に関しての会合があるとの事なので、可能なら出席して来ようと思います。

 ではまた次回。