山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「黒翼の軍使徒」

f:id:yamadauta:20170331195211j:plain

■黒翼の軍使徒

 

 おはようございます。前回書いたように、今日からしばらくは一枚のみ掲載です。今回の一枚はリメイク。

 

f:id:yamadauta:20170322071811j:plain

■リメイク元(2017年作)

 いつも通り直近の一枚のリメイクでした。今回は奥行きを感じる構成を意識してリメイクしてみました。結果、デッサンが酷い事に。なんちゃってパースがついているのでそれほど不自然に見えるわけではないのですが、胸当ての部分の金属パーツの位置が正しく無かったり、腕の長さや指の長さが不自然だったりしています。

 ただ、アングルと奥行きを意識したことで迫力には繋がっているかなと。画面が立体的に見えてきて、自分でも悪く無いなと思いました。しばらくこの路線で練習してみます。

 

f:id:yamadauta:20170202145249j:plain

■立ち絵-アンナ

 今日から、余裕のある時はもう一枚の代わりに立ち絵を載せて行こうかなと。立ち絵のストックも溜まって来たので。

 

f:id:yamadauta:20170408023825j:plain

■経過

 

 さて、なんだかこの所、燃え尽き症候群のようになって絵になかなか集中出来ない状態が続いております。現在抱えている依頼案件三件が、皆それなりに難解な内容で在る事も精神を圧迫している理由の一つなのですが、あれだけ必死になって描いてきた絵を「もう描きたくない」と思い始めている。

 ツイッターに、「絵は上手い下手より「好き」かどうかだ。好きなら裏切られないし、嫌でも毎日描きたくなる。評論家になった表現者は死ぬ」的な呟きが流れてきて、自分もその「死にそうな表現者」に当てはまるのかなと思えてきました。その呟きをした方の絵を見ると大変お上手で、やはりそこまでの識見に至るにはある程度の苦労が必用で、若造の自分が一足とびに到達できる地点では無いのだろうとは思うのですが…。それでも、もっと早く好きと言う気持ちを大切に出来ていたらと思ってしまいます。

 絵を嫌いになって、描かなくなったとしたら、私がどうなるのか想像に難くない。偉そうに絵の識見を語りながらも自分はヘボだヘボだと裏で自分を痛めつけ続ける人間になる。そうはなりたくないです。

 

 正直、幸福続きのこの数年では今が特にしんどい。色んなすべきことにがんじがらめになって、しがらみや焦りや後悔や、色んな物に圧し掛かられて、遂に折れようとしている。その一方でこんな風に冷静に自分を観ている自分もいるわけですが…。

 とりあえず今回の案件が片付いたら、一週間から一か月くらいガチで絵を描かずに休養するのも良いかもしれないです。客観的に観てもちょっと頑張り過ぎてる気がしますし。

 差し当たっては今の依頼をなんとかこなそうと思います。

 ではまた次回。