山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「劉大剣」と「ガラクタ同盟」とルーミス練習開始

f:id:yamadauta:20170322071813j:plain

■劉大剣

 

 おはようございます。今日の一枚も気持ち良さ重視で手也に描いたもの。加工と水彩筆を解禁にして描いてみたのですが、おかげで要所がよく詰められている一方で全体的に粗雑な雰囲気がありますね。機能に頼り切るのはやはり良くない。

 特に、背後のモンスターの造型と足の鎧の造型になんとも言えない気持ち悪さがあります。構造的に破綻しているのでしょうね。ここら辺はラフ段階で構造をしっかり決められていなかった事に依る弊害でもありそう。

 

f:id:yamadauta:20170322071812j:plain

■ガラクタ同盟

 二枚目はリメイクです。

f:id:yamadauta:20170225065943j:plain

■リメイク元

 最近多い直近のイラストのリメイクでした。とりあえず今回は構図とデザインを精査しなおした感じです。デッサン的な弱さも僅かに解消されているかな。

 反面、造型的、色彩的にはリメイク元のほうが面白いものが出来ていた気がして、難しいなと思います。リメイク後はアンドロイドのほうのライティングが暗すぎて見辛いですし…練り込みと自由度を両立させるのが今後の課題ですね。

 

f:id:yamadauta:20170326154501j:plain

■ルーミス本練習

 さて、昨日ルーミス本が届いたので、さっそく読み解き始めております。作者は根本的に作品に対して自由であるべきだ、的な事とか、ただリアルなだけの作品は写真に敗けてしまう、作者の個人的な解釈は必須だ、的な事とか、割と刺激的で啓発的な文章が添えられていて、読んでいてスカッとします。自分が内々感じていた閉塞感が取っ払われる感覚というか。

 今回は第一章、「人物画へのアプローチ」の中の、男性の理想的な体格を模写してみました。だいぶ適当に描いたので粗いですが、最低限理解出来るので今はこれくらいで良いかなと。具体的には、八頭身の人物を描いた時の各部の比率はこれくらいになるよ、的な内容でした。普段自分が感覚的にやってしまっている部分だけに良い見直しになります。

 

f:id:yamadauta:20170326154454j:plain

■イラスト模写

 今日から隔日でイラスト模写も再開することに致しました。先日モンハン装備の模写をした時に「最後まで詰めたい」的な事を書きましたが、練習として非効率になる気がするのと気力がだいぶ削がれるので、大まかなシルエットを取る程度で留めておこうと思います。これだけでも十分観察と人体の訓練に成りますし。

 

f:id:yamadauta:20170325120001j:plain

■ラフ

 新しい長期製作も開始しております。

 

 さて、今は割と余裕があるのでこれだけのペースで更新できていますが、どこかで調整してやらないと辛いだろうなと思っております。とりあえずしばらくこのペースでやってみて、無理が出てきたら順次改善して行く方向で行きましょうか。

 ではまた次回。