山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「天争」と「鬼人繰」

f:id:yamadauta:20161204142811j:plain

■天争

 

 おはようございます。今日は二枚、どちらも新作です。

 一枚目は最近よくある天使と武器と言う構成。ポージングを工夫したのでそれなりに目新しいものになった気が致しますが、やはり現状出来る事の天井に達してしまってこれ以上伸びてゆかないのを感じます。

 

f:id:yamadauta:20161204142810j:plain

■鬼人繰

 二枚目もポージングでの差別化を主な目的に描いたもの。設定やシチュエーションは良い気がするので、もっと膨らませてやれば良かったなと。これも最近の自分のイラストの例にもれず、無難な所で完成としてしまった感があります。

 

f:id:yamadauta:20161209211716j:plain

■経過

 馴染ませています。次回くらい完成の見通し。

 

f:id:yamadauta:20161210055328j:plain

f:id:yamadauta:20161210055337j:plain

■人体素描とイラスト模写

 

 さて、技術的に頭打ちになって来た事と、ツイッターで目にするメカイラストやコンセプトアートをどうしても真似たくなりまして、昨日からコンセプトアート的なイラストの描き方を試しております。線でラフを切るのではなく、モノクロの面で成形し、タッチを残したまま仕上げ、その上からオーバーレイなどで色を乗せるグリザイユを施す。

 今までも何度か挑んだ描き方であり、そのたびに辛酸なめさせられてきたのですが、今回は割かし上手く行っています。今回の意図はメカと背景が描けるようになる事にあるので、そちらの資料を模写する練習もちょこちょこはさんで行きたいですね。

 メカや背景は今までスルーしてきましたが一分野を築くほど巨大な情報群・技法群になるので、今年の残りと来年一年くらい掛けてじっくり研究できれば良いなと思っております。

 ではまた次回。