読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

写真模写と今後の展望

イラスト展示

こんばんは。

 

f:id:yamadauta:20160624020221j:plain

■写真模写練習

 今回は写真をほぼそのまま模写してみました。顔だけ萌えっぽい造型に変えてあります。やはりこれくらいしっかり観察して描くと造型や陰影の回り込み、質感などについての理解が深まりますね。ここからもう二、三段階は踏み込めたなとおもうのですが、力尽きた為途中で完成としてしまいました。

 

 

f:id:yamadauta:20160624020449j:plain

■デザイン落書き-射手少女

 久しぶりに何も参考にせず描いてみた物。やはり色んな所がガタガタになる感じです。特に衣装の奇抜さが今は特に際立って不自然に見えますね。狙いは良いと思うのですが、ゼロから組み上げて形に出来るだけの力はまだまだ自分には無いようです。

 

f:id:yamadauta:20160624052949j:plain

f:id:yamadauta:20160624052954j:plain

f:id:yamadauta:20160624052958j:plain

■今日の漫画絵練習

 今回から線の一本一本に気を入れる事を目標に描いております。ある程度整っては来たのですが、今回の漫画では一番下の画像のように線の多さでごり押す感じで行こうと思っているため、そもそもそれほど整える必用はないかなと。

 あとはトーンワークと、線をもう少し細くする事、更に基本的な背景やデッサン、パースなどの技術ですね。これはもう描きながら覚えたほうが良さそうですけれど、今は漫画を本格的に描く時間も取れないのでもうしばらく練習します。

 

 さて、今日からの展望なのですが、私の描く萌え絵というものがどうもどこに出しても評判が悪い。厚塗りと親和性が低く、どうしても完成度が上がって行かないのも一つだと思いますし、それ以上に自分と萌え絵との相性が良くない気がしてきました。今一つこう、線を一ミリずらして顔を可愛く、みたいな思考に至れない。

 ただ、方向性として可愛らしさを推していくのは自分にとってもアリだと思っています。今まで奇抜さや難解さで立ててきた魅力というものを、もっと分かり易い形に転化させる事は評価を受ける上で必須になると思うのですよね。

 

 そんなわけで、これからは私独自の絵柄を探って行こうかなと思う次第。年齢的なものももう人として成熟し始める段階ですし、これまで精一杯部品を探して回った事で完成図もある程度見えていますしね。とりあえずはこれまで通り描きまくりながら自分独自の表現を探してみようかと思います。

 ではまた次回。