読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「獄の番人」

イラスト展示

こんばんは。

 

f:id:yamadauta:20160506011003j:plain

■「獄の番人」

 前回から更に若干整え、色調を加工して完成と致しました。前回も書いたように、今回は思うさま時間を掛けて描いただけに、自分の絵という物としばらくぶりにじっくり向き合う事が出来、仕上がりとしても納得のいくものになりました。自分にはまだ実力が足りない、という客観的事実込みの納得ではありますが…。

 とりあえずの反省としては、ライティングとして思い切ったものになっていないだけに、奥行き感がいまいち出ていないのがとりあえず性急かなと思います。あと、ツイッターのほうで、「山田さんは手がしっかり描けるようになるとぐっと良くなると思う」という指摘を頂きました。とりあえず差し当たっての今の問題点と目標はその二点かな、と。

 

f:id:yamadauta:20160506011012j:plain

■ラフ

 また中長期で描くものを構想し始めております。とりあえず背後の男性のポージングがやたら気持ち悪いのでもう少し印象を変えて、そこから細かい描き込みですね。

 これも先ほどの「獄の番人」同様、自分の満足度と向き合う事を大切に描きたいと思っております。絵という物が表現である以上、誰かに観て頂いて気に入って頂けて初めて意味のあるもの、というのも正しいと思うのですが、ならば自分をある程度さらけ出したものでなければ凡そ「表現」の意味をなさないというのもまた事実である、と最近は思います。

 最近まで付き合いのあった絵描き様が繰り返し「気持ちが絵と同じ方向に向かっていないと」と仰っていて、自分は内心反証を唱えていたのですが、そのお言葉は正しかったのかもしれないな、と。その意味を探して行かなければ行けない気がするのですね。

 

f:id:yamadauta:20160505023443j:plain

■今日の立ち絵(猫目)

 

 さて、今日はやけに無駄な語りの多い記事でした。最後にもうちょっと付け加えますと、最近は自分のイラストの商品的価値というものが全く上がって行かない事によくよく思い至っていて、悩んで苦しんだ挙句、もうそれでいいか、という結論を出しつつあるのですよね。何よりも、自分は自分が描いていて気持ち良いものを描きたいのであって、人様を喜ばせるものを描きたいわけでは無かったのだ、と言う所にようやく思い至りつつあります。

 そこからの展開はまた考えながら作り上げて行くしかないわけですが、「でも仕事にしたいし」っていう駄々だけでずるずると結論を伸ばしてきた今までには、なんとか終止符を打ちたいと思うのでした。

 ではまた次回。