山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

続、経過と過去デジタル絵振り返り

 こんばんは。

 

f:id:yamadauta:20160123142038j:plain

■経過

 前回から一時間半ほど加えて更に描き込みました。ここからはもう仕上げ作業ですね。今回、特に複雑な構成でもないのにやたら時間を使ってしまいました。モチベーションが下がっていたとは言え、なかなか厄介な案件に発展してしまったものです。

 

f:id:yamadauta:20160124052054j:plain

■今日の立ち絵

 今日は背信天使。

 

 さて、今回は掲載画像も少ないので、ちょっと過去描いたものを載せてレベルアップしてるかどうか見てみようと思います。

 

f:id:yamadauta:20160125031003j:plain

■2010年

 この頃はとにかく粗かったですね。デジタルに移って初めの年の物ですが、まずデジタルの画面で絵を見ることに慣れていなかったため、粗を見つける目がまず機能していなかったように思います。

 

f:id:yamadauta:20160125031155j:plain

■2011年

 徐々に面の取り方を意識し始めています。とは言えこの段階でもアウトラインがガタガタなので見れたものでは無い印象。

 

f:id:yamadauta:20160125031605j:plain

■2012年

 2011年後半から仕事の売り込みを本格的に始めた為、絵の方向性も徐々に定まってきた頃ですね。まだ粗い事に変わりはないのですが、この頃から人まねをする事を覚えたので大きく絵に変化が現れています。

 

f:id:yamadauta:20160125031720j:plain

■2013年

 描写に安定感が徐々に見られるようになってきた時期。この頃本当に絵に没頭して、二か月くらい外にも出ず人と会話することもしないまま、ピクシブに絵を上げてその評価を元に描く、食事はカップ麺、という生活を続けた時期があります。ネットでも人と関わらないようにしていたため、マジ気が狂うかと思いました。そういう時期も経ているので自分の絵には苦しみが付き纏うのですかね。

 

f:id:yamadauta:20160125032007j:plain

■2014年

 塗り方を水彩塗りから厚塗りに変える。色々と変化のあった年でした。二社様へのイラストレーター試験に受かったのもこの年。この頃になるともう毎日描いていないと体がうずうずして来て、とにかく一日中描いては一気に二日か三日眠る、という現在の生活に突入します。

 

f:id:yamadauta:20160125032227j:plain

■2016年

 去年ですね。これは一月に描いたもの。割と最近の物で描いた時の気持ちもちょっと思い出せるのですが、まあそれでも今見ると随所に直したい箇所のある出来になっています。

 

 最近ツイッターで言われる事に、「どんなに才能がなくても長く続ければある程度の事は出来るようになるし、逆に才能があっても続けなければ持ち腐れになってしまう」。

 「続ける」という事の大切さを益々思い知りますね。

 そんな感じで、また次回。