山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「ある昼下がりの憩」

 こんばんは。

 

f:id:yamadauta:20160116174307j:plain

■「ある昼下がりの憩」―あるひるさがりのいこい

 昨日載せたものをいつもどおり詰めて完成と致しました。夕橙様からご指摘頂いた人体デッサンの狂いですが、私なりにちょこちょこ不自然な所を変形等で詰めたものの環椎には至りませんでした。また、背景パースが最後まで良く分からなかった感。この辺りは勉強不足が露骨に出ましたかね。

 

f:id:yamadauta:20160116162626j:plain

■経過

 

f:id:yamadauta:20160116195700j:plain

■ラフ

 今回も人体練習の一枚です。上体から下肢への人体の流れをそれとなく意識してみるつもり。

 

f:id:yamadauta:20160116074215j:plain

■今日の立ち絵

 今日は白い悪魔。膝下がちょっと長過ぎますね。

 

 さて、イラストとは全く関係ない話題ですが、この所またリハビリに通うようになったことなどもあって、世の中の見え方がまたちょっと変わりつつあります。人間、関わる人間やコミュニティによって価値観等が結構ちょくちょく変わるものでございますね。

 そんな中で、恋愛、というものに関してちょっと刺激を受けつつあります。この先こういう話なのでどうでもいい人は読み飛ばし推奨。

 

 友人に、三十くらいで今お付き合いされてる方が居て、結婚も視野に入れてる人が居るのですね。でもその友人は病気持ちで、そう言う自分に対して大層コンプレックスがあるようで色々踏み切れないみたいです。(この友人に対してはちょっとプライベートな話題になってしまい申し訳ない事ですが)

 自分はと言えば、もう高校上がりたてという思春期の頃からこの病気を患っていたので、恋愛経験皆無というわけではない物のとてもじゃないけど今恋人を作って――とか考えられない。考えるべきでもないと思っています。ヤケクソとか言うわけでも無く、割と自分は独り身のまま死んで行くのが自分にとっても周りにとっても良いのだろうと思っている。

 

 でもまあ、異性に限らず好きな人、関わりたい人っていうのは居ますよね。ネットリアル共に。一緒に居て楽しい人とか、話が面白い人とか、とにかく顔を見たり存在を感じてるだけで安らぐ人とか。できれば関わる人全てを失いたくないし、自分が出来る限り相手にも幸せになってほしい。

 傲慢ですね。

 まあそんな感じで、ちょっと気に成ってる人がいるのですよ。今の所これは恋愛感情でなく単なる自分のほうからの加護欲求であると分かっているのですが。

 

 どうしようもないですね。アプローチの仕方も分かんないし、今は共通の話題がある時だけ話が弾む程度の間柄です。それだけで幸せですし。

 なんていうかね、こういう下らない自分の感情一つ一つにいちいち一喜一憂できるのが本当に幸せだと思うんですよ。平和でお花畑で満たされてるなーと。

 全体的に惚気でした。では、また次回。