山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「レッドメタル・リザード」&「失空」完成と「灼熱の剣士」ラフ

 こんばんは。最近は夜中の集中できる時間に一気に作業を進めてしまうのが恒例のリズムになっていたのですが、今夜はなぜか倦怠感があったため久し振りに珈琲を飲みました。すると、不安感や焦燥感が募ってとても作業どころでは無い状態に。やはり自分の場合、珈琲は鬼門のようです。

 

f:id:yamadauta:20151102005016j:plain

■完成「レッドメタル・リザード」-れっどめたる・りざーど

 

f:id:yamadauta:20151102005055j:plain

■完成「失空」―しっくう

 とりあえず二枚とも完成と致しました。今までの技術や作業時間から考えると、格段に早く正確に描けるようになって来ているように思うのですが、やはり今見返すと魅力という点でまだまだですね。

 相変わらず「なんとなく思いついたものを適当に描きました」という意図が見え見えのものになってしまっている。モチーフの画面への収まりを多少変えるだけでも改善される部分かと思いますし、最近はある程度改善はされてきているもののやはり構成を考える段階での練り込みはもっと必要ですね。

 

f:id:yamadauta:20151102005714j:plain

■ラフ

 上のような反省を踏まえて、断ち落としをある程度計算して人物と剣を配置してみました。やはり計算して描くのは大切ですね。今回からソシャゲの研究をぼちぼち始めて行こうという事で、そういったデザインや見せ方の練習も意図しております。

 

f:id:yamadauta:20151102005952j:plain

f:id:yamadauta:20151102010004j:plain

f:id:yamadauta:20151102010016j:plain

f:id:yamadauta:20151102010030j:plain

■人体模写十一日目

 

f:id:yamadauta:20151102010053j:plain

f:id:yamadauta:20151102010100j:plain

■デッサン八日目

 模写にしてもデッサンにしても、迷い線が少なく成って参りまして、ある程度意味のある線で描けるようになって来た事が向上箇所。反面、勢いのある線を使うようになってきた弊害として歪みが顕著に出るようになってきたように思います。一つ一つの線を丁寧に引けるようになる事で克服したい所。デッサン二枚目は昨日の二枚めから歪みを直して意匠を描き込み始めているものです。次回くらいに完成させられると良いかな。

 

 では、今日も詰め込みでしたが、また次回。