山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

猫目習作と、色んな気持ち

 おはようございます。また二日間ほどお休みを頂いておりました。最近めっきり病院に顔を出さなくなったため、母が非常に心配しており、先日手ずから病院に出向いて先生とお話してきたようなのですが、「唄が病院で患者さんたちの中心になってくれてるのは凄く助かってたって先生言ってたよ。また来てくださいって言ってたよ」的な報告をされました。

 うちの病院は、事務職員から先生たちまで皆様大変穏やかで親しみ易い態度で接して下さることから、よりどころにしている患者様達が大勢おられます。私もその一人であり、特に先代の主任がおられた時には毎日が楽しくて、自分も何かこの病院にいる意義を残せると良いなと思っていました。その主任が転職で去られてから、職員も患者様も一同それぞれに主任の作った雰囲気を守るため努力してきた節があります。だから、その病院の方にそのように言って頂けることはとても嬉しい事ではあるのですが…。

 その居心地の良い環境に収まってしまう自分を予想し始めて、なんだかキツイのですよね…。今も、病院に行くたびに癒されて帰ってくるのですが、その後非常に疲れている自分に気付きます。その疲れが徐々に心地よいものでは無く、自分の歩みを止めるだけのものに思えてきてしまいました。

 何より、職員様サイドの苦労を何も知る事無く、患者として美味しい所だけを味わっている自分がそのような評価を頂けることが心苦しい。自分が自分で開拓した道でもないものに寄りかかって居ては、これ以上成長出来ないのではないか、と…。

 

 こちらで呟くにはやや重い話でした。

 ただ、自分は正直、今まで人に流されるままにこの人生を生きて来ました。何一つ自分で選ぶことなく、嫌なことに対しても一度も嫌だと言えずに、常に上の人間に守られたり指示されるのに甘えて来ました。その自分が唯一自分で選んだ「絵で食っていく」という目標を、今真剣にやらなければ今後必ず後悔する。

 少し前まで、自分にとって「絵」というものは縛りだと思っていました。何も努力して来なかった自分がただ一つ勝負できる部分。自分に無くてはならない物。

 でも、今はなんとなく絵は可能性なのだと思っています。それは最近こちらやツイッターで絵を前向きに頑張っていらっしゃったり、色んな事に挑戦するツールとしていらっしゃったりする人達に、少しずつ触れるようになってきた結果です。

 

 絵は自分を表現する一つでしかなく、多くの人がそのほかにたくさんの大切なものを持って生きていらっしゃる。そしてそういう人達が表現される絵にこそ自分は惹かれるのだと思いました。だとしたら、絵をただの目的としたり唯一の終着点とするのは何か違う。

 だから尚更、自分は絵の繋がりでもっと多くの物を手にして行きたい、という思いが強くなっています。今までの自分が得て来たものが、若さゆえ他人から与えて貰ったものばかりなら、自分が描く絵も自分自身もまた与えられたものでしかないのだろう。そういう人間の表現はきっと、どんなに洗練されたとしても技巧にハマった表現以外の何物でもない。私自身が表現するに足る自分の地盤を築かなければいけない、それも自らの力と意思で。

 

 私はまだまだ未熟ですし、この考え方にも穴があるのでしょう。でも、ようやく自分のすべきことを見つけた今、もう少しこの方向性で頑張ってみたい。最近絵で表現したい事が少しずつ実現できるようになってきて改めて、本当に表現したいものが無い自分に気付き始めているのですよね。

 

 また恥ずかしい語りでした。後から見て猛烈に死にたくなることにしましょう。はい。

 今回はまた絵が揃っていないので、最近描いた自創作キャラ、猫目の習作を載せてみます。

f:id:yamadauta:20151022075845j:plain

■立ち絵1

 今回は四枚、全て立ち絵です。

 

f:id:yamadauta:20151022075915j:plain

■立ち絵2

 猫目に関しては、体幹のしなやかな美しさを出せるように意識して描いて来ました。少しは今まで描かなかった男性キャラの練習になったかな、と。

 

f:id:yamadauta:20151022080041j:plain

■立ち絵3

 

f:id:yamadauta:20151022080109j:plain

■立ち絵4

 途中からメガネがログアウトしていますね…。

 さて、今回はちょっと休んでいたこともあって人体模写練習は無し。また今日から習慣化して明日の更新以降載せて行けるといいなと思います。あと、今回から今月一杯くらいを目処に、長期で描いていくものをちょっと構想しています。

f:id:yamadauta:20151018070754j:plain

■ラフ

 若干大き目で縦長のカンバスを使って、とりあえず今の自分の限界を目指してみるつもり。その合間に今まで通り二日~三日のスパンで一枚絵を挟んで行けるといいなと思います。

 

 では、また次回。