山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

「沼の精」完成と「滞空する茜」ラフ

 こんばんは。今回もイラストを上げて行きます。

f:id:yamadauta:20151015213350j:plain

■塗り込み

 人物に紫の反射を足し、背後のモンスターには黄土色の環境光を足してそれぞれ整えて行きます。

 

f:id:yamadauta:20151015230959j:plain

■完成「沼の精」-ぬまのせい

 更に整えてオーバーレイなどで加工して完成です。

 

 今回、完成に先駆けて「エフェクトを加えてみるのはどうか」とついったのほうでアドバイスを頂きました。要は、今の自分に足りないのはやはりコントラストや彩度、輝度のコントロールなのでしょう。

 今までそれを集中的にやってきてある程度成果は出ているものの、やはり塗りだけの表現力ではまだまだ弱い。引き続き塗りだけでもある程度強弱が付けられる実力を付けて行こうと思っておりますけれど、今後は加工やエフェクトも頻繁に使って行きたいです。

 

f:id:yamadauta:20151015173104j:plain

■ラフ

 そんなわけで次の一枚絵ラフです。今回も、人物と巨大な鳥、背景をそれぞれ段階化して遠近を付ける練習をするつもりです。

 

f:id:yamadauta:20151015195204j:plain

■色置き

 最近、やはり量を描いているためかこの時点でそこそこしっかり仕上がりがイメージできるようになってきました。夕橙様にアドバイス頂いた資料集めやイメージ作りも徐々に上手くなって来ている感じ。夕橙様、いつも助言頂き感謝です。

 今回はついでに落書程度にざっくり描いた習作も載せてみます。

f:id:yamadauta:20151016015126j:plain

■習作

 シンプルな画面作りの中でいかに魅力を出すか、というテーマのもの。今の所の所感としては、特に見られる部分をしっかり描けば他がある程度等閑でもそれなりに見える、という感じかな…より研究を進めて行きたいです。

 

 では、また次回。