山田唄のイラストブログ

イラスト描き、山田唄の制作物を載せて行きます

先月の振り返りと今月の指針+習作

 こんにちは。今回は四日間、と少し長めの休息を頂いておりました。その間色々あったのですが、どうも色んな事が上手く行かなくなり始めており、現在の自分のスキル、仕事、生活面での限界と、節目、そして転換期であるのかなとぼんやり考えております。

 出来る範囲で新しいことに手を出し始めているものの、もっと抜本的な改革が必要なのかもしれません。多分、現在の自分の居場所を拡大或いは変遷しなければ、端から腐って行ってしまうような、そういう状況なのかな、と。

 そんなわけで、今回は少しタイミングが遅くなりましたがいつも通り先月の振り返りと今月の抱負など考えてみます。

 

 まず先月の振り返りですが、結果として絵の仕事も一件頂き、リハビリにも継続して通い続けており、生活の面でも特に変りのない月になりまして、現状維持という意味では申し分のない月でした。

 ただ、色々と視界の端で良くない動きがみられるようになりまして…理論的な面で問題は無いハズなのですが、どうも運気というものの谷のような所に差し掛かっているのかなと思えて来ました。

 自分は昔から結構占いや運命論というものを信じます。テレビでやってる星占い程度の物に関しては「あー、今日は〇位なんだ。ラッキーだな(アンラッキーだな)」程度の、まあリスクのないクジを引く程度の感覚なのですが、人間の行動の末に運命が決まって行くというような、いわゆる「因果律」の存在を時たま強く感じる事があります。特にここ数年、まるで自分の手のひらの上を見るように、自分のある程度の周囲の状況が読めてくる、という感覚が良くあります。その為に大きな崩れがある前には大体その危機を察して回避してきたので、特にこの三年ほどは大きな落ち込みが無かったのですよね。

 

 自分でもアホな事を言ってる自覚はあるので、あーこいつやっちまったな程度に思って頂けると幸いなのですが…。

 まあなんというか、現状自分の手持ちの駒も盤石もそれほど悪く無いハズなのに、これ以上手が伸びない状況というのがおぼろげに感じられるんですね。

 

 たぶん、先見性を磨いてきた結果の自分なりの先読みなのでしょう。自分でも何言ってんだという感じになってきたのでこの話は置いといて。

 現状を打開するための新しい一手が必用かな、という思いになって来ました。

 大体にして、勝負事というものは「勝とうとしていなければ」勝てません。博打でもスポーツでもボードゲームでもそれは言えるようです。つまり、自分が守りの姿勢に入って来て、手が伸びなくなってきた状況。それが今なのかな、と。

 

 今月から今年も下半期ですし、ここらで新しい風を入れるべきかなと思います。具体的にどうすれば良いのかまだ分からないのですが、その分からないという状況を長い事そのままにした結果動けなくなったのかなと思うんですよね。まずは現状維持を捨て、攻めの姿勢を取り戻してから考えを先に進めて行こうと思っております。

 まず、差し当たってリハビリの週の回数、一日の収支、休息のリズム辺りから見直して管理できるようにして行こうかな、と。

 

 まだ若干環境を変えることに対する恐れがあるので、そこら辺こちらで相談に乗って頂けると助かります。また、こちらで時々描かせて頂いている俺講座ですが、これも自己完結した理論をただ垂れ流すだけでは意味が薄いと思えて来ました。

 今月からこちらのブログを創作に関する自分の前線にして、皆様にぼっこぼっこ横槍を入れて頂く形にして行こうかな、と。そこら辺から自分の「変わることに対する恐怖」みたいなものをぶち壊していければいいなと思います。

 

 長くなりましたが、先月描いた習作を載せて絞めてみます。

f:id:yamadauta:20150703062233j:plain

 ひとまず、今月一杯くらい掛けて、自分の生活、仕事、スキル一般の身の振り方を考えて行こうと思います。その過程で自分の守りに徹する頭の構造もちょっとぐちゃぐちゃっと掻き回してやれると良いかな、と。

 纏まりのない記事が増えるかと思いますが、ご意見等積極的に頂けると幸いです。

 また次回。